症状別 漢方の教え

KAMPO KNOWLEDGE

自律神経の悩み

漢方では『心身一如』という考え方を大切にしています。「病院に行っても原因が分からない」「病院の薬を飲んでも改善しない」「できれば抗うつ剤を減らしたい」などでお悩みの方は、心と身体全体のバランスを整える漢方薬が効果的です。
どうして「自律神経の悩み」に漢方が効果的なのか?
自律神経は、運動神経のように自分の意志で動かすことはできないと考えられています。しかし時に、深呼吸をすることでリラックスできたり、心の持ち様で気持ちが高ぶり血圧が上がることや、その反対に気持ちを落ち着かせることで動悸が治まることもあります。
漢方では、人の気持ち・感情「怒・喜・思・憂・悲・恐・驚」は身体の働きと密接に繋がっていると考えています。
どのような感情も抱いて当たり前であり自然なこと。ただそれが過剰なものであったり長期的に続いた場合、身体のバランスを崩し不調のもとになります。病院の検査では異常がみられず原因にアプローチすることが難しいですが、漢方薬は心も身体も一つと捉えるので改善が期待できるのです。
効果的な漢方薬の使い方と代表例
例えば同じ不眠でも、寝付きが悪いのか途中で目が覚めるのか、よく夢を見るのか、睡眠薬を使うかなど詳しい状況や、冷えの有無、胃腸やお通じの具合といった体質、ストレス、食生活などの生活習慣によっても原因は様々。自分に合った漢方薬を飲むことで、自分の力で眠れるような体に整えていきます。

また症状の出やすい状況・環境変化に応じて漢方薬を変更したり、漢方だけではなく精神面のフォローや生活習慣のアドバイスによりお客様自身が良くなる力を発揮できるよう一緒に考えながらサポートさせて頂きます。

ここでは代表的な漢方薬を挙げていますが、実際にご用意できる漢方薬はこの他にも240種類以上あります。
その中から自分にぴったり合う漢方薬をお飲みいただくことが、改善への近道です。
※下記に代表的な漢方薬について紹介していますが、最適な漢方薬をお飲みいただくには専門家に選んでいただくことが大切です。
最適な漢方薬を