漢方について

漢方とは

漢方とは

東洋医学は人の身体を全体的にとらえる「バランスと調和の世界」

西洋医学は、木を見て森を見ずといえるでしょう。

人間の身体には、目、鼻、口、胃、肝臓、腎臓などの器官がありますが、それらをすべて部品としてとらえ、悪いところを治せばよいと考えます。
それに対して東洋医学は、森を見るけれど木のことはわからないという立場をとります。人間は一つの身体として生きていて、すべてシステムとして動いているのだと考えます。だから、体の一部が悪くなれば、そこを良くするためにシステム全体を改善しようとします。

ニキビの場合でいうと、西洋医学の考え方では、菌が原因なのだから抗菌剤、もしくは枯らすための硫黄入りのローションなど使います。一方、東洋医学の場合は、バランスと調和をみながら、まずはその人のニキビの原因を探ります。その原因は人によって違いますから、例えば血液の循環が悪いためにおこったなら、冷えた身体を温めてあげればいいのだと考えるのです。それが、漢方薬の得意とする体質改善です。

そして、ニキビで漢方を飲んでいた方が、結果的にニキビだけでなく生理痛が良くなったり便秘が治ったりします。その人が病気になった原因を探り、その原因を解決するために漢方を使い、予想外のことまで改善できる、それが体質改善であり、漢方の真骨頂でもあります。

人はなぜ病気になるのか?

人はなぜ病気になるのか?

心・食・動・休・環を整える。

人はなぜ病気になるかよくよく考えていくと、

  • 1.ストレスや心配事や悩みなど
  • 2.食事の不摂生(食べ過ぎ、偏り等)
  • 3.運動不足
  • 4.睡眠等の休養不足
  • 5.環境の問題

の5つに行き着きます

このことを漢方では、「心・食・動・休・環(しん・しょく・どう・きゅう・かん)」と言います。

風邪をひいて大したことがなければ、寝ていれば治ります。それが自然治癒力で、治そうという絶大な力が人間には備わっています。現代のライフスタイルは「心食動休環」の5つのバランスがとりにくく、本来備わっている自然治癒力が低下し、様々なトラブルを引き起こしています。

「心食動休環」を整え、自然治癒力を最大限に発揮させる。それが病気を克服するカギでもあります。丁寧なカウンセリングを通して、病気になった根本的な原因を追究し、心食動休環を整える生活を送ることは「漢方薬」と同じぐらい大切なことです。

整体観

整体観

東洋医学の根本原理 「整体観」

東洋医学では病気と向き合っていくときの原理原則である「整体観(せいたいかん)」という5つの教えがあります。

漢方とは、単に飲むだけのものではなく、こういった考え方も含めて「漢方」だと言えます。

漢方みず堂では、漢方のプロとして漢方を選定することはもちろん、お客様が本来の健康を取り戻せるようお一人お一人に合わせてお話をさせて頂いております。漢方生活を始められる際にはぜひご一読ください。

  • 1.天人合一(てんじんごういつ)
  • 2.心身一如(しんしんいちじょ)
  • 3.陰陽平衡(いんようへいこう)
  • 4.扶正祛邪(ふせいきょじゃ)
  • 5.先本後標(せんぽんこうひょう)

「天人合一(てんじんごういつ)」

人間も自然の一部であり、大宇宙の中の小宇宙が人の身体と考えます。だから自然とともに生きないといけない。四季とともに人間の体も変わっていく。冬には冬の、夏には夏の生き方過ごし方があるということです。

「心身一如(しんしんいちじょ)」

心と身体は一つの如しという意味です。いやなことがあってくよくよ悩むと胃の調子が悪くなります。怒ってばかりいると血圧が上がります。心の浮き沈みに身体は呼応しています。「病になっても病気になるな」。気持ちまで病む事はありません。まずは心を元気にしましょうということです。

「陰陽平衡(いんようへいこう)」

陰と陽のバランスということです。バランスは常に変化をしています。例えて言うなら、良い時もあれば悪い時もある。だから、季節の変わり目にからだの調子が悪くなってもクヨクヨする必要はありません。いずれ良くなると前向きに考えることが大切です。

「扶正祛邪(ふせいきょじゃ)」

文字の順番がとても大切で、まずは治そうとする力や正そうという力をつけること。それを助けることが一番で、その後で悪いものを取り除くという意味です。傷が自然と治るように人間の体は本来、「正」の力が強ければ多少の邪を払うことができます。

「先本後標(せんぽんこうひょう)」

これも文字の順番が大切で「先本」とは、まず本質が大切だという意味です。健康の本質は、本来人間が持っている治そうとする力「自然治癒力」です。その自然治癒力を最大限に発揮させること。その後で、病気で言うならば症状を取ることを考えます。

煎じ薬のすすめ

このようなお悩みの方に漢方がおすすめです

漢方みず堂のお客様の8割以上の方が、「煎じ薬」を飲まれています。

漢方薬が普及し、手軽に飲めるエキス剤や錠剤も増えてきました。それでも漢方みず堂のお客様の8割以上の方が、「煎じ薬」を飲まれています。

その理由は

①効き目が良い

抽出したものを加工したものより、濃度が高く、吸収も良い

②飲み忘れがなくなる

漢方薬が普及し、手軽に飲めるエキス剤や錠剤も増えてきました。それでも漢方みず堂のお客様の8割以上の方が、「煎じ薬」を飲まれています。

その理由は

③匂いも薬効の一つ

揮発性の成分も作っている間や飲む時に吸収することができる

④体質にぴったりのものが飲める

230種類以上ものバラエティがあり、まさにぴったりの漢方薬が見つかる手間や味で躊躇する方もいらっしゃいますが、ぜひ漢方本来の「煎じ薬」をお飲みいただき、その素晴らしさを実感してください。

漢方みず堂オリジナル商品
漢命水

漢命水

漢方みず堂が厳選した、霊芝・冬虫夏草・田七人参など配合

サルノコシカケ科のキノコである、霊芝と冬虫夏草、田七人参を独自の製法でバランス良く配合。
主成分の霊芝は北海道産の無農薬・露地栽培のものを使用。冬虫夏草は希少な天然もの(奈良県産)を使用。
さらに、特許を用いた独自の抽出方法で、成分が体内に吸収されやすい形で作られています。
毎日の健康維持・栄養補給にお役立てください。

漢命水の商品特徴

Point1 北海道産の無農薬・露地栽培の霊芝を使用

漢命水

菌を植え付ける原木には直径20cm以上(樹齢100年以上)のミズナラを使用。
通常の3倍ほどの成分を含む霊芝になります。

Point2 独自の抽出方法でβ-グルカンなどの栄養成分がたっぷり

特許※の植物系バイオマスの加圧熱水分解方法でβ-グルカンやその他の成分を高濃度で抽出しています。

  • 特許第3802325号「植物系バイオマスの加圧熱水分解方法とそのシステム」
  • 出願番号:「特願2006-304631」「鹿角霊芝からの有用物質の抽出方法とその装置」

霊芝は通常50%以上のβグルカンを含んでいますが、通常の方法(熱水抽出、またはオートクレーブで圧力を上げて熱水抽出)で抽出するとβグルカン量は多くて1%程度しか抽出されず、さらに分子構造も壊れやすいため大変抽出が難しい生薬です。また、βグルカン以外にも様々な有効成分が含まれていますが、それぞれ抽出される温度と分解される温度が違い、全ての成分を良い形で抽出することは大変難しいことです。

この特許は、佐賀大学との研究で、βグルカンの中で最も活性の高い分子構造で抽出できるようにしたもので、各温度域で抽出されるすべての成分をすぐに冷却して回収するため、構造を破壊せずに様々な有効成分を抽出することを実現しました。

Point3 冬虫夏草・田七人参・クコなどを贅沢に配合

霊芝、田七人参、クコを贅沢に配合しています。
冬虫夏草は希少な天然ものの配合が実現。
田七人参は品質の良い3年ものを使用しています

Point4 こだわり植物発酵エキスを新配合

デザイナーズフーズ(※)の理論に基づいた食材を選定してます。

(※)デザイナーズフーズとは
1990年代に、体調不良の原因は食生活にあるという考えから、健康維持に役立つ植物性食品の研究が熱心にされました。その研究結果を基に野菜を厳選しています。

Point5 保存料不使用

植物発酵エキスの製造において発酵にかかわる菌によって、他の菌の増殖が抑えられ、保存料を一切加えずに製品化することが実現しました。

こんな方におすすめ

  • 身体本来の力を取り戻したい方
  • いつまでも健康で元気に過ごしたい方
  • どこに行っても原因がよく分からず同じことの繰り返しという方

漢命水に含まれる主な成分

霊芝

霊芝

β-グルカン、トリテルペン類などの有効成分が他のキノコ類に比べ多く含まれています。

冬虫夏草

冬虫夏草

β‐グルカンをはじめ、亜鉛、セレン等のミネラル類も豊富に含まれます。

田七人参

田七人参

サポニン、ブラボノイドや必須アミノ酸などを豊富に含んでいます。

クコ

クコ

楊貴妃も愛用していたと言われるクコは、健康維持、美容の目的で今では広く薬膳食材としても使用されています。