症状別 漢方の教え

KAMPO KNOWLEDGE
更新日:2021/10/22 (金)

半夏厚朴湯

気の巡りが悪い方に使われる代表的な漢方薬です。ストレスや過度な感情の起伏により気の巡りが停滞すると、水分代謝を担っている肺や脾の気が滞り、「痰」が生じます。その結果、「梅核気(ばいかくき)」といわれる咽喉や食道部の詰まり感・違和感や、咳、胸苦しさ、動悸、悪心・嘔吐、お腹の張り、不安神経症、神経性胃炎、しわがれ声などが現れやすくなります。
半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)は、停滞した痰を解消し、お腹を温めながら気の巡りを良くしていく漢方薬です。
配合生薬
半夏・茯苓・厚朴・蘇葉・生姜
このような特徴のある方に
□ 舌は湿っぽく潤っており、胖大し歯痕がある
□ 舌苔は白く厚い
□ 神経質、ノイローゼ傾向
□ 気分がふさぎ、不安感がある
□ のどや胸に痞え・異物感がある
□ 腹部は軟らかいが張った感じがある
その他の気の巡りが悪い方の漢方薬
  • 柴朴湯など
    少陽枢機不利、肝鬱化火、痰気鬱結、イライラ、激しい咳、胸脇苦満など
  • 加味逍遙散など
    肝鬱化火、肝鬱血虚、肝脾不和、イライラ、不定愁訴、肩こり、お腹の張り、生理不順など
  • 竹茹温胆湯など
    胆胃不和、肝気鬱結、痰熱内擾、イライラ、不安感、不眠、口苦、咳、動悸など
  • 香蘇散など
    脾胃気滞、外感風寒、胸・胃の痞え、悪心、神経衰弱、胃腸虚弱など
  • 茯苓飲合半夏厚朴湯など
    胃気上逆、痰飲、痰気鬱結、梅核気、食後の胃の膨満感、悪心、嘔吐など
この他、何十種類の中から自分に合う漢方薬を見つけることができます。
詳しい症状の経過や体質をもとに自分に一番合った漢方薬を飲むことが、より効果的な症状改善への第一歩です。