症状別 漢方の教え

KAMPO KNOWLEDGE
更新日:2021/10/22 (金)

加味帰脾湯

気・血が共に不足している方に使われる代表的な漢方薬です。体のエネルギーである気と栄養分の血が不足した状態、漢方でいう「気血両虚(きけつりょうきょ)」になると、体の機能がうまく働かなくなったり冷えが生じたりします。特に脾(胃腸系)、肝(自律神経・ホルモン系)、心(心臓・精神・脳系)で起こりやすいです。その結果、倦怠感、食欲不振、貧血、動悸、健忘、不眠症、精神不安、神経症、月経不順、不正性器出血などが現れやすくなります。
加味帰脾湯(かみきひとう)は、主に脾の気と心の血を補うことで働きを回復させていく漢方薬です。
配合生薬
人参・茯苓・竜眼肉・当帰・柴胡・甘草・大棗・生姜・白朮・酸棗仁・黄耆・遠志・山梔子・木香・牡丹皮
このような特徴のある方に
□ 舌は薄いピンク色で、舌苔は薄く白く潤っている
□ 虚弱体質、疲労感が強い
□ 血色が悪い
□ いらいら・くよくよなど精神疲労がある
□ 動悸、健忘、不眠がある
□ 皮下出血や血便などの出血傾向がみられる
□ 生理周期が短い、生理期間が長い
□ 経血の色が淡く量が多い
その他の気・血が不足している方の漢方薬
  • 十全大補湯など
    気血両虚、疲労感、貧血、乾燥、冷え、帯下など
  • 人参養栄湯など
    心血虚、肺気不降、気血両虚、冷え、咳、アレルギー体質など
  • 桂枝加竜骨牡蠣湯など
    表疏営泄、虚陽浮越、不安感、動悸、驚きやすい、下痢傾向、帯下など
  • 八味地黄丸など
    腎陰陽両虚、臍下不仁、頻尿・多尿、下半身の冷え、むくみ、足腰のだるさなど
この他、何十種類の中から自分に合う漢方薬を見つけることができます。
詳しい症状の経過や体質をもとに自分に一番合った漢方薬を飲むことが、より効果的な症状改善への第一歩です。