症状別 漢方の教え

KAMPO KNOWLEDGE
更新日:2022/05/10 (火)

清々しい気分になる養生

体に溜まった「湿邪」は症状を慢性化させやすいので、根気よく養生するのがポイントです。
*見えなくても太陽を感じる
雨の日が続くと、気分もちょっと沈みがち…。でも雲の向こうではたしかに太陽は昇っています。

今日も朝が来た!太陽の明るさを全身で感じ、空に向かって深呼吸~。一日のエネルギーチャージ完了!
*鏡の中に微笑んで☺
気分が上がらない、やる気が出ない…。心から笑うことも忘れてはいませんか?

まず朝起きたら、自分に微笑みかけてみてください。「今日も生きてくれてありがとう!」鏡に映る人が一番の味方です。
*雨の日は無理しない
「晴耕雨読」という四字熟語もありますが、雨の日はあれもこれも頑張り過ぎず、ゆっくり心穏やかに過ごせばOK。
*ちょっと動いてじんわり発汗
体内の除湿は汗をかくのが一番効果的。気分も晴れて一石二鳥です!汗は乾く前に拭き取るのをお忘れなく。
体質別おすすめ運動法
*空調で除湿
環境の除湿には空調や除湿器の活用も◎
ただし体が冷えないよう注意が必要です。
とくにお腹・首・手首・足首は、ひざ掛け・腹巻・ストール・カーディガン・レッグウォーマーなどで保温を。
*湯船につかる
湿気や空調で冷えた体を湯船で温め、適度な発汗を。浮力にまかせて、心も体も軽くなる~♪
*布団カバーを変える
梅雨から夏場はとくに湿気やすい布団。
シーツやカバーはこまめに変えて、気持ちの良い睡眠を。吸放湿性・通気性・速乾性の高いリネン素材はおすすめです。
*食習慣を見直す
体の水はけに特に重要な脾(胃腸)。負担をかけない食事は、今年の夏バテ対策にも繋がります。

◎ 腹七分目
◎ ひと口20回以上噛む
◎ 食事中は、汁物以外の飲み物を控える

▽ 控えたいもの:
 [生もの・冷たい物]
 [脂肪分の多いもの]
 [味の濃いもの]

▽ 取り入れたいもの:
 [豆類・穀類]
 [芋類]
 [香味野菜]
 [果物]


<【気分が下がる理由】へ戻る
<【梅雨が苦手な方へ】へ戻る