症状別 漢方の教え

KAMPO KNOWLEDGE
更新日:2022/12/09 (金)

コロナ後遺症のご相談(だるさ、不眠など)

40代女性のお客様
ご来店の20日前にコロナに感染。10日間の自宅療養後にも寝つきがよくない、寝起きに身体が重だるい、簡単な家事をするだけでぐったりし、横になっていることが多いとのことでご相談になりました。

漢方的には、もともと「エネルギー(気)」が不足気味なところでウイルスと戦い、気の消耗している状態と考えられ、まず15日分の漢方薬とお身体の力をつける漢方をお渡しし、様子を見ていくことにしました。

お電話でこまめにご様子をお伺いしながらお飲みいただき、漢方を始めて5日目くらいにはだるさが改善。
10日目にはお身体もお気持ちもだいぶ良くなられたとのことで、本当に短期間で辛そうだったお声がお元気になられたのをお聞きし、とても嬉しくなりました。
元気が回復し、次に目指す姿へ
そして、もともと3人目のお子様をご希望されていて、病院で漢方をもらい基礎体温を整えていたとのこと。
体調も回復してきているので、引き続き子宝の相談をしたいとお話しいただきました。

漢方開始から24日ほどで全快され、その後は妊娠に向けて漢方で基礎体温を整えていらっしゃいます。

後遺症からのご回復も早かったので、きっと赤ちゃんを授かる力も強いはず!と信じて、楽しみに応援しています。


ご相談事例(空咳、口渇など)
ご相談事例(変化する症状)
ご相談事例(痛み、だるさなど)
ご相談事例(味覚障害・嗅覚障害)
<『新型コロナ感染後遺症の相談』冒頭へ戻る