症状別 漢方の教え

KAMPO KNOWLEDGE
更新日:2021/10/20 (水)

鼻炎・花粉症

漢方的な原因
漢方的に、アレルギー体質は気血水では「水毒」を一番の原因と考えます。また、肝心脾肺腎のうち、皮膚や鼻は「肺」系統に属し、「肺」の水分代謝がうまくいかなくなることでアレルギー症状が出てきます。
また漢方で水の代謝に関わるのは「脾」「肺」「腎」の3つです。なぜ水毒が体内にあるのかを知るには、脾肺腎のどこに問題があるのか?を突き止める必要があります。また、脾肺腎のどれか一つだけでなく、複数に問題があることもあります。
脾が関係する水毒
■胃腸が弱い
■水分を取るとお腹がポチャポチャいう
■冷たいものの飲食過多

アレルギーの方で最も多いのはこのタイプ。子供のアレルギーのほとんどは、胃腸が関係しています。胃腸の働きが不十分または水分の取りすぎで、水が溜まってしまうタイプです。
代表的な漢方薬
茵蔯五苓散、柴苓湯補中益気湯、六君子湯、黄耆建中湯、苓桂朮甘湯、連珠飲、当帰芍薬散、五積散など
肺が関係する水毒
■顔色が青白い
■喘息
■未熟児で産まれた
■便秘

いわゆるアレルギー体質は、「肺」が生まれながらに弱い場合があります。
肺の潤い不足などで熱が生じている場合にも、黄色く膿があるような鼻水や鼻づまりを伴う症状がみられます。
代表的な漢方薬
補中益気湯、荊芥連翹湯、柴胡清肝湯、辛夷清肺湯など
腎が関係する水毒
■冷え性
■温まると症状が改善する
■足のむくみ

体の余分な水分は最終的には尿として排泄する必要があります。冬場に症状が悪化したり、年齢と共にアレルギー症状が出るようになった場合は根本的には腎を強くしていきます。
代表的な漢方薬
八味地黄丸、牛車腎気丸など
症状を取る代表的漢方薬
上記の代表的な漢方薬は、主に体質改善で使われる漢方薬の一例です。
今出ている症状を軽減したい!という場合には、体質改善の漢方薬と併用して頓服的に使用できる漢方薬もあります。
症状によって使い分けられるので、専門家に相談したうえでお飲みください。

小青竜湯、小青竜湯加石膏、苓甘姜味辛夏仁湯、麻黄附子細辛湯、葛根湯加川芎辛夷、辛夷清肺湯、荊芥連翹湯など
妊娠中の鼻炎・花粉症
漢方薬と言えども、妊娠中に使用できるものは限られます。ただし、妊娠後期にもなれば、小青竜湯を数日飲むぐらいは全く問題ありません。妊娠するとどうしても気血水の巡りが悪くなります。つまり水毒も起こりやすくなります。妊娠中は基本的には当帰芍薬散を飲みながら、アレルギー症状が出た時は苓甘姜味辛夏仁湯を飲むといいでしょう。
『鼻炎・花粉症』を根本から改善するには、漢方薬を
アレルギーとは、何らかのアレルゲンに対して、体の防御反応が過剰に働くことを言います。つまり、根本的には免疫機能の異常とも言えます。その中でも、アレルギー性鼻炎は、何かのアレルゲンに対して、鼻水・くしゃみ・鼻づまりといった症状が出ます。

鼻炎の場合、症状を取るものと、根本的な体質改善をするものがあり、代表的な「小青竜湯」は症状を取る漢方薬です。ですから、症状が緩和されはするものの、再びアレルゲンに触れると症状が出ます。
つまり、根本的な体質改善をコツコツとしながら、症状が出た時には症状を取る漢方薬で対処するというのが、正しい体質改善の方法です。中には、症状をとりながら、体質改善にもなる漢方薬もあります。

漢方みず堂では、現在の症状や体質、お食事や睡眠などの生活習慣、そしてどのように治療していきたいかなどを詳しく伺ったうえで、その都度お一人お一人に合わせた漢方薬をお選びしています。
そもそも体のバランスが乱れる原因は、心・食事・運動・休養・環境の乱れ。漢方薬を飲むとともにこれらを見直していくことで、自分の良くなる力をより発揮できるようになり改善への大きな後押しとなります。
鼻炎や花粉症でお悩みの方は、ぜひ一度漢方みず堂にご相談くださいませ。