症状別 漢方の教え

KAMPO KNOWLEDGE
更新日:2021/10/22 (金)

八味地黄丸

体を温めるエネルギー「陽気」が不足している方に使われる代表的な漢方薬です。特に生命エネルギーの源を蓄えている「腎」のもつ潤い(陰液)の長期不足から陽気も不足した状態、漢方でいう「腎陰陽両虚(じんいんようりょうきょ)」になると、腰から下を中心に温めることができず、水分を蒸化できなくなったり体の上部へ挙げることができなくなります。その結果、足腰のだるさや腰痛、下肢痛、しびれ、下半身の冷え、むくみ、尿量減少あるいは多尿、排尿困難、かゆみ、かすみ目などが現れやすくなります。
八味地黄丸(はちみじおうがん)は、腎の潤いを補うとともに温める力を高め、水分代謝を助けていく漢方薬です。
配合生薬
熟地黄・山茱萸・山薬・沢瀉・茯苓・牡丹皮・桂皮・炮附子
このような特徴のある方に
□ 舌に血色がない
□ 白く滑らかな舌苔、あるいは舌苔はなくツルツルと鏡のような状態
□ 胃腸は弱くなく食欲がある
□ 腰や膝がだるく無力
□ 下腹部が引きつる・軟弱
□ 下半身の冷えやむくみがある
□ 排尿異常がある
□ 生理が遅れやすい、経血が薄い・色が暗い
その他の腎の働きが弱っている方の漢方薬
  • 六味地黄丸など
    肝腎陰虚、臍下不仁、口渇、手足のほてり、皮膚乾燥、むくみ、寝汗など
  • 杞菊地黄丸など
    肝腎陰虚、眼花、迎風流涙、口渇、手足のほてり、視力低下、目のかすみなど
  • 牛車腎気丸など
    腎陽虚、陽虚水泛、下半身のむくみ、乏尿など
  • 知柏地黄丸など
    肝腎陰虚火旺、骨蒸潮熱、臍下不仁、ほてり、熱感、寝汗、むくみなど
  • 味麦地黄丸など
    肺腎陰虚、息切れ、臍下不仁、咳による尿もれ、手足のほてり、むくみなど
  • 清心蓮子飲など
    心腎不交、林濁、胃腸が弱い、イライラ、不安感、頻尿、排尿痛、残尿感など
  • 滋陰降火湯など
    肺腎陰虚火旺、空咳、のどの乾燥、便秘、寝汗など
この他、何十種類の中から自分に合う漢方薬を見つけることができます。
詳しい症状の経過や体質をもとに自分に一番合った漢方薬を飲むことが、より効果的な症状改善への第一歩です。