症状別 漢方の教え

KAMPO KNOWLEDGE
更新日:2020/07/29 (水)

生理周期が短い!頻発月経の漢方

月に2度も生理があると煩わしいというのもありますが、それだけ生理の回数が多くなり、貧血や子宮内膜症、子宮筋腫などの悪化要因にもなります。
漢方は体質を改善し、自分自身の体の機能を最大限に引き出して自然に生理が来るようにしてくれるものです。
女性ホルモンは大変複雑なメカニズムなので、不足しているものを補えばいいという単純なものではありません。
一時的にホルモン剤の力を借りることはあったとしても、自分自身に備わっている本来の生命力を高めることが根本的な解決につながります。
あなたはどのタイプ?症状チェック
胃腸虚弱タイプ
経血量が多く、色は淡い
□経血の質は清んで希薄
□疲れやすい
□身体が重だるい
□食が細い
□軟便

▼詳細はこちら
熱が盛んなタイプ
経血量が多い
□色は淡い
□経血の質は清んで希薄
□疲れやすい
□身体が重だるい
□食が細い
□軟便

▼詳細はこちら
ストレスタイプ
経血量が不安定
□色は紫~紅色
□血塊が混じる
□下腹部が張って痛い

▼詳細はこちら
体の消耗タイプ
経血量は少ない時も、多い時もある
色は紅色でドロっとしている
□両頬が紅い
□手足がほてりやすい(特に夜間)

▼詳細はこちら