症状別ブログ

不眠症と漢方

不眠症と漢方

『最近寝つきが悪く、しっかり眠れるようにしたい。』

『睡眠薬に頼らなくてもいいようにしたい。』

など"不眠症"でお悩みの方は是非一度、漢方薬局「漢方みず堂」までご相談ください。

そもそも"不眠"は

  • 寝つきが悪い
  • ぐっすり眠れない(眠りが浅い)
  • ちょっとした物音で目が覚める
  • 朝早くに目が覚める

など、人によって症状のタイプは様々です。

睡眠が思うようにとれないことで、「昼間に体が重くてきつい・強い睡魔に襲われる・注意力が散漫になる」など、体調にも大きな影響が出てきます。
漢方の世界でも、睡眠は非常に重要です。眠っている間に、体を休めるだけでなく、血液の浄化も行うと考えられていますし、睡眠不足が長引くことで、心にも影響を与えてしまいます。

睡眠がうまくとれない原因は、心身を活動に導く緊張・興奮の神経「交感神経」と心身を休息に導くリラックスの神経「副交感神経」の、2種類の自律神経のバランスが崩れる(=自律神経失調症)ことで起こるケースが多くあります。仕事や家事・育児などによる疲労やストレス・生活習慣の乱れが原因となる場合はもちろん、思い当たるストレスなどがなくても不眠症になってしまうこともあります。「年をとると眠れなくなるのは仕方がない」とよく言われますが、加齢で睡眠障害が起こってしまうことは漢方ではよく知られていることです。ただ、漢方では加齢によるものや思い当たる原因がなくとも、体のバランスをしっかりとることで、自分の力で眠れるように導いていきます。

このような不眠症の方に処方する漢方薬は、その方の「体質・症状」によって種類が違ってきます。まずは一度お店にご来店いただき、症状や生活習慣などの状況を詳しくお聞かせください。

睡眠の改善だけでなく、心と体が健やかでいられるよう、私たちがプロの目線で最適な漢方薬をご提案いたします。

関連記事

漢方みず堂漢方相談簡易