症状別 漢方の教え

KAMPO KNOWLEDGE
更新日:2021/11/09 (火)

自律神経からくる耳鳴り

漢方的な原因
漢方的に自律神経と関わりが深いのは「肝」。血を蓄え、気血の巡りを調節する働きを担っています。
この「肝」と表裏一体の関係にあるのが「胆」で、消化を助ける胆汁の貯蔵・排泄や決断力に関わっているのですが、この胆につながる経絡(気・血・津液の通り道)が、実は側頭部~耳周りに張り巡らされているのです。そのため、肝の不調が耳の症状として現れることは珍しくありません。

「肝」はのびやかな状態が好きなので、ストレスや情緒変動の影響を受けやすく過度な刺激で傷つきます。すると肝はキュッと硬くなり気の巡りがたちまち滞り、そこに火が生まれ、気が上へと逆上しやすくなります。その結果、耳鳴りや側頭部の頭痛、めまいなどが現れます。
よく見られる症状
□ 「キーン」と高い音が強く響くような耳鳴り
□ ストレスの度合いやイライラ、怒りなどの感情の起伏で症状の度合いも変動する
□ 偏頭痛、眩暈、目の充血など、頭部の症状を伴う
□ 口が苦い、口が乾く
□ 心がソワソワしたり、不安感がある、眠れない
□ 便秘気味、尿が濃い
代表的な漢方薬
竜胆瀉肝湯、加味逍遙散、抑肝散、抑肝散加陳皮半夏、抑肝散加芍薬黄連、加味温胆湯など
『自律神経からくる耳鳴り』を根本から改善するには、漢方薬を
『病院の薬を飲んでいるが、あまり変化が感じられない。』
『耳鳴りはうまく付き合っていくしかない。』
そのようにお悩みの方には、内側から整えていく漢方薬がおすすめです。

そもそも"耳鳴り"は音がしていないにも関わらず、耳内に音が聴こえるという症状のことで「ピーという高い音・ブーンという低い音・セミが鳴いているような音」など、様々な音が出ることがあります。また、耳鳴りではなく、頭鳴りで、頭の中で音が響いているという方もいらっしゃいます。
「ストレスを感じた時・季節の変わり目・加齢とともに」など、音に強弱があることもあれば、何かをきっかけに常に音が鳴っていることもあり、お客様ごとに違いがあります。

そのため漢方みず堂ではご来店いただいたお客様に、まずはじっくり今の症状・体質などカウンセリングしたうえで漢方をお選びしております。病院では解決方法がなく諦めていたのに、ピタッと症状が治って喜んでおられる方も多くいらっしゃいます。
また体のバランスが乱れる原因は、心・食事・運動・休養・環境の乱れ。漢方薬を飲むとともにこれらを見直していくことで、自分の良くなる力をより発揮できるようになり改善への大きな後押しとなります。

耳鳴りは慢性化しやすく、長引いてくると漢方でも時間がかかることがあります。少しでも症状が気になる方は、ぜひ一度お早めにご相談くださいませ。