症状別 漢方の教え

KAMPO KNOWLEDGE
更新日:2021/10/19 (火)

男性不妊

男性不妊には、性交や射精に関わる性機能障害、精路通過障害など様々あります。
また、現代の食生活や生活環境の影響で男性の精子の数や質・運動率は全般的に低下しているといわれています。
漢方的な原因
漢方では、生殖機能の「腎」が弱っていることや、過度なストレス、胃腸の虚弱による体力低下など、様々な原因が考えられます。
また、食事の不摂生、運動不足、睡眠不足、精神的な悩みなど、生活習慣の乱れが要因となりやすいです。お体の状態に合わせた漢方薬を飲むとともに、出来ることから習慣を見直していくことも大切です。
代表的な漢方薬
防風通聖散、柴胡加竜骨牡蛎湯、柴苓湯、六味地黄丸、八味地黄丸、牛車腎気丸、桂枝加竜骨牡蛎湯、補中益気湯など
『妊娠しやすい体づくり』には、漢方薬を
まずはお体の状態に応じて、いま体の中でどういうことが起こっているのかを漢方的に紐解き、お一人お一人に合った処方を選んでいきます。
精子は質を戻すのに2~3ヶ月かかると言われていますが、しっかり続けることでご自身の持てる力を出せるようお体の状態を整えていくことができます。
また体のバランスが乱れる原因は、心・食事・運動・休養・環境の乱れ。漢方薬を飲むとともにこれらを見直していくことで、自分の良くなる力をより発揮できるようになり妊娠しやすい体づくりへの大きな後押しとなります。

精子の検査結果は体調によって大きく変動しやすく、一度結果が悪かったからと落ち込まずに、心身の健康を回復させ、再チャレンジしていただきたいと思います。

男性不妊は非常にデリケートな問題で、なかなか相談しにくいケースもあります。漢方みず堂には男性相談員も在籍しておりますし、奥様が代理でご相談いただいても構いません。ぜひ一度漢方みず堂にご相談くださいませ。