症状別 漢方の教え

KAMPO KNOWLEDGE
更新日:2021/11/17 (水)

そもそも『自然治癒力』ってどういう働き?

<感染・重症化予防の要は、普段の暮らし方にあり!>でも触れたように、『自然治癒力』とは、自分で自分を治す力のことです。
様々な心身の波が起きた時に、元のバランスのよい状態に戻していく力が、もともと私たちには備わっています。この力を、『自然治癒力』といいます。
心(精神状態)・食(食事)・動(運動)・休(休息)・環(環境)が乱れた生活を続けていると、自然治癒力が低下していきます。

 

まずは以下のリストで、YesとNoのどちらが多いか、チェックしてみてください。

□傷・アザがなかなか治らない
□口内炎がよくできて治りにくい
□風邪をよくひく・長引きやすい
□一晩寝ても、疲れがとれない
□気持ちの切り替えに時間がかかる
□太りやすくやせにくくなった
□むくみがとれにくい
□お通じが安定しない
□毎年決まった時期、もしくは一年中、鼻炎がある

上記の項目は、自然治癒力が発揮できていないときの一例です。
ほぼNoの方は、今の生活が自然治癒力を支えてくれています。続けていきましょう!

Yesが多い方は、自然治癒力が低下しているかもしれません。
でも大丈夫です。
どんな暮らし方をしたらよいのか?
次の記事を参考に取り入れてみてくださいね!

【明るく朗らかに『自然治癒力』を高める暮らし方~心~】
【明るく朗らかに『自然治癒力』を高める暮らし方~実践~】