症状別 漢方の教え

KAMPO KNOWLEDGE
更新日:2022/08/01 (月)

明るく朗らかに『自然治癒力』を高める暮らし方~心~

<感染・重症化予防の要は、普段の暮らし方にあり!>でもお伝えしたように、自然治癒力を養うには、普段の暮らし方が大切です。

とくに、一番に大切にしたいのは『心』。

心が整うと、頭もスッキリし、自然と体もよく動き始めます。
その循環がさらに、心の状態を良くしてくれます。

幸福ホルモンが免疫力を高めるという研究報告もあるように、まさに「心身一如」。
心が良くなると体も良くなる。治癒力が高まります。
 
あなたは、どのような時に幸せを感じますか?

美味しいご飯を食べているとき
大切な人と共にすごしているとき
お風呂に入っているとき
きれいな景色を見たとき
仕事や勉強で目標を達成したとき
「ありがとう」と言われたとき
今日も朝、目が覚めたとき
今日も無事に、一日を終えられるとき
・・・

人それぞれ、幸せを感じるときに違いはあるかもしれません。
そして当たり前ではないと思うから、幸せだと感じるのではないでしょうか。


ただ、ほんの些細なこと、日常に散りばめられているちょっとしたことでも、
それは当たり前のことではないかもしれません。


毎日ご飯を食べられることも、

家族や恋人と一緒に過ごせたり、
直接会えなくても話ができることも、

誰かのために働くことができることも、

今、生きていることも。

日々何気なく生きているようで、でも自分ひとりでは実現できないこと。

みんながいて、
植物や動物、太陽、空気、土、水…あらゆるものが存在していて、
それらが関わり合って支え合っていて、初めて私が存在できています。


有るのが難しい。だから有難い。
今にありがとう。
すべてにありがとう。
自分にもありがとう。


どんな小さなことにも、幸せは隠れています。

幸せをみつけて、感謝の気持ちが湧いてくるとき、いつの間にか心もほっこり。

心が整ったら、暮らし方も見直してみましょう。