症状別 漢方の教え

KAMPO KNOWLEDGE
更新日:2021/11/16 (火)

春のお肌は敏感です

どうして春は肌が荒れやすいの?

昨年に続き今年もマスク生活のためか、顔がムズムズかゆい・・・
吹き出物が増えて、治りにくい・・・
マスクしているのに乾燥している・・・
花粉や黄砂で赤みや痒みが悪化している・・・
これからの季節、日焼けも気になる・・・

この時季、紫外線量の増加、花粉・PM2.5・黄砂の飛散量増加、コロナによるマスクストレス(摩擦・蒸れ・インナードライ)の増加により、肌はいつも以上に負担がかかり敏感になっています。
さらに春はデトックスの季節。体が肌(毛穴)からも解毒しようとして、吹き出物や湿疹・じんましんが出やすい状態。食事の乱れや睡眠不足、ストレスなども引き金となり、痒みや炎症といった症状が気になる方が増えています。

今回は、いつも頑張ってくれているお肌をいたわってあげる方法をご紹介してまいりますね。

春の肌は“熱”を制することから

紫外線や花粉など様々な刺激により、肌は炎症が起きている状態。過剰な“熱”が生まれています。
そこでポイントとなるのは、「“熱”を鎮めること・生まないこと」。
食事や日々のケアなど、いろいろな場面でできる対策をお伝えしていきます。
気になる記事からご覧くださいませ。

【お肌の”熱”を制する食べ物】
【お肌の”熱”を制する暮らし】
【お肌の”熱”を制する商品】

これらの対策をしてみてもやはりお肌の状態が気になる方には、漢方薬で内側からしっかり改善していくのがおすすめです。
お肌は毎日召し上がるもので、日々少しずつ変わっていきます。
あきらめずに、一緒によくしていきましょう。

 

※関連記事
皮膚病と漢方
ニキビと漢方
アトピーと漢方