症状別ブログ

皮膚病と漢方

皮膚病と漢方

『ステロイドや免疫抑制する薬をずっと続けていいのか、不安になる。』

『皮膚の症状のせいで、嫌な思いをして辛い。』

アトピー性皮膚炎、蕁麻疹、主婦湿疹(手湿疹)、乾癬、白斑、酒さなど、皮膚のお悩みは、内臓とは違って目に見えてしまいます。そのせいで気持ちが塞いでしまったり、嫌な気分になってしまうことも多いと思います。病院でうまく付き合っていくしかない、と長い期間薬を使い続けている不安を抱えていることも少なくありません。

『肌は内臓の鏡』といわれます。漢方薬では、失った潤いや栄養分を体内から補ったり、うまく解毒できるように代謝を高めるなど、根本の体質から改善していきます。
また、長い期間お悩みを抱えていると、それ自体が体へ悪影響となってしまいます。ストレスは体の循環を鈍化させ、余分な炎症を生む可能性がある、と漢方では理論づけられており、ストレスへの対処も非常に重要視されています。

私たちは、ただ皮膚の症状だけを見るのではなく、お客様のお体全体、心の状態にも寄り添って、根本から良くなっていただけるよう、初回だけでなく継続的にサポートしていきます。

このような"お肌の症状"にお悩みの方は是非一度、漢方薬局「漢方みず堂」までご相談ください。じっくりと一緒に体質改善して、内側から変えていきましょう。

漢方みず堂漢方相談簡易