漢方みず堂ブログ

気の巡りを改善して痩せやすくする~ストレスや不規則な生活~

気の巡りを改善して痩せやすくする~ストレスや不規則な生活~

気の巡りをよくする漢方薬

漢方では肥満にもタイプがあり、それぞれに使用する漢方薬が異なります。

今回は、ストレスが多い人、生活が不規則な人に多い

気の巡りが悪い、気太り

について詳しく解説していきます。

体を構成する気血水の成分のうち、気の巡りが悪くなると

イライラしたり、肩が凝ったり、過食気味になったりという症状が出てきます。

同じ気の巡りが悪くなった方でも、その人の体力のありなしで使う漢方が違います。

気の巡りを良くすることで、新陳代謝もUPし、太りにくく痩せやすい体質に改善することができます。

【実証タイプ】

洋ナシ型の肥満、筋肉質、腹部膨満感、便秘、→大柴胡湯

生理不順、のぼせ、腹部膨満感、便秘→通導散

落ち着きがない、不眠、不安、動悸、便秘→柴胡加竜骨牡蠣湯

【虚証タイプ】

便秘下痢交互、冷え症、頭痛、生理不順→加味逍遥散

※あくまでも一例であり漢方薬は自分の体質に合ったものを飲むことが大切です。

気の巡りを良くするためには、

食事では香りのいいものがおすすめです。

今の季節は柚子やかぼすなどが旬ですね!

実際、上記に挙げた漢方薬の中にも、枳実や薄荷といった

とても香り高い生薬が含まれていて、気の巡りを良くしてくれます。

また高ぶった交感神経を鎮め、副交感神経を優位にする腹式呼吸がおすすめです。

イライラしたり、どうしても食欲が止められない時は、

目を閉じ、フ~っと長く息を吐き、鼻からお腹を膨らませるように息を吸いましょう。

横隔膜周辺の副交感神経が刺激され、体はリラックス状態になります。

自分の意志では調節できない自律神経ですが、

唯一呼吸をすることで、自律神経の調節をすることができます。

一覧へ

症状別で探す

漢方みず堂漢方相談簡易