症状別 漢方の教え

KAMPO KNOWLEDGE
更新日:2022/06/30 (木)

【夏の過ごし方】

夏に負担がかかりやすいのは、
● 湿気で弱る中、消耗の多い気を絶えず作り続ける「
● 活発化した全身の臓腑へ血液を送り出し、汗を生成する「


下記の体質や生活習慣に当てはまる方は、各項目の過ごし方をチェック!

日頃から確認しておくことで、不調の兆しにいち早く気づけますように。
夏を楽しみつつも疲れを残さないよう、いたわりながら過ごしましょう。熱中症予防にもオススメです。
脾虚(ひきょ)・痰湿(たんしつ)
脾(胃腸)が弱り、気(エネルギー)が不足し、余分な湿気がたまっている状態。
湿熱(しつねつ)
体内に余分な湿気と熱が生じている状態。
心火旺(しんかおう)
心(心臓、精神・意識)がヒートアップし、潤い成分の血・津液を消耗し、熱がこもっている状態。
心気虚(しんききょ)・心血虚(しんけっきょ)
心の気(エネルギー)や血(栄養分)を消耗し、疲弊している状態。