症状別 漢方の教え

KAMPO KNOWLEDGE
更新日:2022/02/11 (金)

胃腸が弱い人のむくみ~防已黄耆湯~

以下の症状に当てはまる方におすすめです。

□汗かき
□身体が重い
□膝に水がたまる
□手足がこわばる
□風邪をひきやすい
□おしっこにあまり行かない
□肌のハリが弱い
どんな漢方薬?
防已(ぼうい):水の流れをよくする
黄耆(おうぎ)白朮(びゃくじゅつ)甘草(かんぞう):胃腸を整えて気力をUP
生姜(しょうきょう)大棗(たいそう):他の生薬の働きを強める

漢方の考え方の扶正去邪(ふせいきょじゃ)がぴったり当てはまる処方で
黄耆、白朮で体を正そう(よくする)とする力を増やして=扶正、
防已、白朮により水の邪気を除去する=去邪、
というバランスのとれた体質改善にもってこいの漢方薬です!
どのような状態に使うの?
漢方の解説の本には、
「色白で筋肉が柔らかく、水太りの体質で疲れやすく、汗かき、おしっこは少なく、下半身にむくみや膝関節に水が溜まりやすい人」
に使うと記載があります。
全部が当てはまる方は稀で、処方を考えるときに考慮します。イメージはしやすいですね。

体重を減らしたいが、膝も痛く運度はできないという方に防已黄耆湯を飲んで頂いたことがあります。
すんなりと体重は落ち、膝の水も抜けて痛みも和らぎ、足を引きずり気味だったのが、スムーズに歩けるようになられました。

さらに他の症状では、手湿疹(ジュクジュク)の皮膚症状が改善したりもしました。
一つの漢方薬で色々な症状が改善していく・・・不思議ですよね、病名で選ばないのが漢方です。

まだまだ他の症状にも防已黄耆湯が使われることがあります。
逆に水太り、むくみにも防已黄耆湯以外の様々な漢方が使われます。
専門の所で体質にあわせた漢方を飲まれることをおすすめします。