症状別 漢方の教え

KAMPO KNOWLEDGE
更新日:2021/10/19 (火)

冷えを感じる部位が変わるタイプ

冷えを感じる部位が日によって変わるという方もいらっしゃると思います。冷え性の中でもストレスによる自律神経の乱れが強くなると、冷えを感じる部位が変わるという症状が起こりやすいです。
漢方的な原因
体を温める気(エネルギー)や血(栄養分)の巡りを調節している「肝」の働きが乱れると起こりやすいです。過度なストレスや感情の起伏が激しいことなどが引き金となります。自律神経が乱れている状態です。不眠やイライラ感を伴うことが多いです。
まずは自分が心地よいと感じるストレス発散方法を取り入れること、感情の波を感じたら深呼吸をしてみること、何も考えずに体を動かすようにしてみることなどもおすすめです。ゆっくり入浴したり十分な睡眠時間を確保するなど、できることから始めてみましょう。
漢方薬には、自律神経を整えてくれるものもたくさんあります。ストレスによる不調の改善は漢方薬の得意とする分野です。
代表的な漢方薬
逍遙散、加味逍遙散、抑肝散、抑肝散加陳皮半夏、抑肝散加芍薬黄連など