症状別 漢方の教え

KAMPO KNOWLEDGE
更新日:2021/10/19 (火)

冷え・のぼせがあるタイプ

冷えとのぼせが同時に起こるタイプの場合は、更年期を迎えた方に起こりやすい状態です。
漢方的な原因
上半身は暑いのに下半身は冷えているという状態を、漢方の考え方では「上熱下寒(じょうねつげかん)」と言います。上半身にばかり熱が溜まって下半身に熱が巡っていかないので、顔はのぼせやすいのに下半身はひどく冷えているという状態が起こります。
この場合は単に温めるだけでなく、お風呂のように「かき混ぜる」ことが大切です。
日常生活では、足を冷やさないようにしたりお風呂でしっかり温める、血液の循環を良くするために下半身の筋肉を鍛えるなどがおすすめです。
漢方薬の中には温める作用とかき混ぜる作用を持ち合わせているものがあります。
代表的な漢方薬
温経湯、五積散、女神散、桂枝茯苓丸、桂枝茯苓丸加薏苡仁、桃核承気湯など