症状別 漢方の教え

KAMPO KNOWLEDGE
更新日:2021/10/20 (水)

桂枝茯苓丸加薏苡仁

血の巡りが悪い方に使われる代表的な漢方薬です。血液がドロドロと流れにくい状態、漢方でいう「血瘀(けつお)」になると、気(エネルギー)や津液(水分)の流れも滞り、長引くことで塊ができたり熱をためこみます。その結果、吹き出物やしみ・くすみなどのお肌の不調、むくみ、のぼせ、手足先の冷え、頭痛、肩こり、生理痛・生理不順、子宮筋腫などが現れやすくなります。
桂枝茯苓丸加薏苡仁(けいしぶくりょうがんかよくいにん)は、停滞した塊を解消し、血の巡りを良くしていく漢方薬です。
配合生薬
桂皮・茯苓・牡丹皮・桃仁・芍薬・薏苡仁
このような特徴のある方に
□ 舌に黒っぽい瘀斑がある or 全体が紫色
□ 舌裏の静脈が青紫色に浮き出ている
□ 顔の血色がくすんでいる
□ のぼせがある
□ 手足先に冷えがある(そこまで強くない)
□ 下腹部に引きつりや圧痛がある
□ しこりや化膿がある
□ 生理の時に血の塊が出る
その他の血の巡りが悪い方の漢方薬
  • 桃核承気湯など
    蓄血証、のぼせ、イライラ、下腹部が硬く張る、便秘がひどいなど
  • 通導散など
    血瘀、気滞、のぼせ、イライラ、お腹が張る、大小便が出にくいなど
  • 牛膝散など
    血瘀疼痛、痰湿は軽度、月経血が少なく月経痛が強い、おへそ~下腹部・腰の痛みが強いなど
  • 甲字湯など
    血瘀癥塊、胃腸が弱い、桂枝茯苓丸でもたれや腹痛が起こるなど
  • 芎帰調血飲第一加減など
    血虚血瘀、気滞血瘀、手足の冷えが強い、腹部膨満感、流産・産後など
  • 温経湯など
    衝任虚寒、瘀血阻滞、上熱下寒、手のひらのほてり、口渇、下腹部の冷えや痛みなど
この他、何十種類の中から自分に合う漢方薬を見つけることができます。
詳しい症状の経過や体質をもとに自分に一番合った漢方薬を飲むことが、より効果的な症状改善への第一歩です。