症状別 漢方の教え

KAMPO KNOWLEDGE
更新日:2021/12/03 (金)

不正出血の漢方

生理ではない出血。もちろん、がん検診などは定期的に受けないといけませんが、殆どの場合は、体のバランスが崩れていることが原因です。
ホルモン剤のように飲んでいる間だけ整えるものと違い、漢方は体質を改善し、自力で生理が整うようにしていきます。
なぜ不正出血が起きているのか、体の中でどういうことが起こっているのかを漢方的に紐解き、お一人お一人に合った処方を選んでいきます。

あなたはどのタイプ?症状チェック

胃腸虚弱タイプ

□ぽたぽたと続く出血
□出血が薄くて多い
□食が少ない
□胃腸虚弱
□目眩、立ちくらみ
□顔色が悪い(黄色っぽい)

胃腸が弱いもしくは胃腸が弱るような生活になっている方に多いタイプです。
ぽたぽたとした出血や薄くて多量の出血が特徴的です。
胃腸では飲食物から体のエネルギーである「気」や栄養分である「血」を作っています。したがって、胃腸が弱ると「気」や「血」が不足します。

 

また、気は以下の5つの働きをもっています。

◎気の働き
①推動(すいどう)作用・・血液循環や新陳代謝を促す
②防御(ぼうぎょ)作用・・外から体に悪いものが入ってくるのを防ぐ
③固摂(こせつ)作用・・・汗・血・尿などが漏れ出るのを防ぐ
④温煦(おんく)作用・・・体を温める作用
⑤気化(きか)作用・・・・血・水の生成や代謝、尿や汗などの生成や代謝をコントロールする

気が不足すると、
③固摂(こせつ)作用が低下し、漏れ出る症状が出るため、不正出血が起こります。
⑤気化(きか)作用が低下し、血液が足りなくなり、色は淡く、希薄になります。
また気の不足によりエネルギーが不足するため、疲れやすく身体が重くなります。

 

漢方薬としては、胃腸を整え、「気」と「血」を補う十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)をベースに、帰脾湯(きひとう)人参養栄湯(にんじんようえいとう)などを体質に合わせて使用します。

胃腸虚弱タイプの生活養生ワンポイント

【おすすめの食べ物】
〇お腹を温めるもの、消化しやすく栄養になるもの
もち米、黒米、山芋、生姜、かぼちゃ、蕪、キャベツ、ブロッコリー、舞茸、干しいたけ、にんにく、鯛、鮭、鶏肉、うずら卵、かつお、甘酒、酒粕、日本酒

〇薬膳食材
高麗人参、山薬(やまいも)、大棗(なつめ)、金針菜、蓮の実、ナツメグ、山椒、艾葉(よもぎ)、丁子(クローブ)

【避けた方が良い食べ物】
生もの、油もの、乳製品、冷たいもの、過剰の水分、お菓子

【生活面】
睡眠時間をしっかりとる、お昼寝もOK

 

体の消耗タイプ

□慢性の出血がある
□腰が悪い
□顔色が悪い(浅黒い)

体の消耗は手術などでの出血多量、出産時の出血過多、熱病が長く続く、慢性的な睡眠不足、などで起こります。
また、気持ちが平穏でなく過剰な悲しみや怒りによって引き起こされることもあります。近しい人の死などで心身共に消耗したような場合です。

漢方薬は、腎陰をしっかりと補う六味地黄丸(ろくみじおうがん)をベースに動物生薬の亀板(きばん)という亀の甲羅などを併用します。

体の消耗タイプの生活養生ワンポイント

【おすすめの食べ物】
〇渋味、粘りのあるもの、黒いもの、種子類
栗、くるみ、胡麻、黒豆、なた豆、さつま芋、山芋、モロヘイヤ、よもぎ、生卵、豚足、エビ、イカ、海藻、ブルーベリー、醤油、味噌

〇薬膳食材
枸杞子、銀杏、松の実、黒胡麻、ユリネ、丁子(クローブ)

【避けた方が良い食べ物】
甘いもの、乳製品、利尿作用が強いもの、過剰のタンパク質

【生活面】
汗をかきすぎない(サウナ、ホットヨガは避けましょう)

血行不良タイプ

出血に塊が混じる
□生理痛がひどい(刺すような痛み)
□シミができやすい

血行不良の原因は様々ですが、冷えや過剰なストレス、運動不足によって引き起こされます。

漢方薬は、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)をベースに体質に合わせて折衝飲(せっしょういん)芎帰調血飲第一加減(きゅうきちょうけついんだいいちかげん)などを使用します。

また、漢方で止血といえば田七人参(でんしちにんじん)が有名です。あらゆる出血に使えますが、血液の流れをさらさらにしてくれるので、特にこのタイプの出血の場合は田七人参を併用すると良いでしょう。

血行不良タイプの生活養生ワンポイント

【おすすめの食べ物】
〇血流を良くするもの、香りが良いもの
チンゲン菜、春菊、セロリ、筍、にら、黒きくらげ、海苔、林檎、焼酎、日本酒

〇薬膳食材
紅花、金針菜、ウイキョウ

【避けた方が良い食べ物】
肉、油もの、乳製品、お菓子、インスタント、味が濃いもの

【生活面】
血行不良には運動やストレッチが一番効果的!

ストレスタイプ

経血は鮮血
□経血は粘調性で、暗い
□イライラしやすい
□せっかち
□便秘がち

過剰なストレスや緊張状態が長期にわたると、いわゆる「頭に血がのぼる」ような状態になります。そうすると血液がドンドン流れるような状態になり、出血しやすくなります。
ストレスとひとくちに言っても、感じ方はひとそれぞれ。体や心をOFFにしてあげる時間が必要です。

漢方薬は、ストレスによる熱を取り除く柴胡剤(さいこざい)と呼ばれるものや、竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)などを使用します。

ストレスタイプの生活養生ワンポイント

【おすすめの食べ物】
〇酸味、苦味、香りがよいもの
黒酢、レモン、グレープフルーツ、キウイ、苺、梅、春菊、チンゲン菜、パセリ、セロリ、せり、そば、トマト、ピーマン、ごぼう、ビール

【避けた方が良い食べ物】
肉、油もの、香辛料、お菓子

【生活面】
ストレスには呼吸法がとても効果的です。
腹式呼吸を意識しましょう。特に息をゆっくり吐くことを意識しましょう。