症状別 漢方の教え

KAMPO KNOWLEDGE
更新日:2022/01/05 (水)

不正出血の漢方

生理ではない出血。もちろん、がん検診などは定期的に受けないといけませんが、殆どの場合は、体のバランスが崩れていることが原因です。
ホルモン剤のように飲んでいる間だけ整えるものと違い、漢方は体質を改善し、自力で生理が整うようにしていきます。
なぜ不正出血が起きているのか、体の中でどういうことが起こっているのかを漢方的に紐解き、お一人お一人に合った処方を選んでいきます。
あなたはどのタイプ?症状チェック
胃腸虚弱タイプ
□ぽたぽたと続く出血
出血が薄くて多い
□食が少ない
□胃腸虚弱
□目眩、立ちくらみ
□顔色が悪い(黄色っぽい)

▼詳細はこちら
体の消耗タイプ
慢性の出血がある
□腰が悪い
□顔色が悪い(浅黒い)

▼詳細はこちら
血行不良タイプ
出血に塊が混じる
□生理痛がひどい(刺すような痛み)
□シミができやすい

▼詳細はこちら
ストレスタイプ
経血は鮮血
経血は粘調性で、暗い
□イライラしやすい
□せっかち
□便秘がち

▼詳細はこちら