症状別 漢方の教え

KAMPO KNOWLEDGE
更新日:2022/01/05 (水)

不正出血【胃腸虚弱タイプ】

□ぽたぽたと続く出血
出血が薄くて多い
□食が少ない
□胃腸虚弱
□目眩、立ちくらみ
□顔色が悪い(黄色っぽい)

胃腸が弱いもしくは胃腸が弱るような生活になっている方に多いタイプです。
ぽたぽたとした出血や薄くて多量の出血が特徴的です。
胃腸では飲食物から体のエネルギーである「気」や栄養分である「血」を作っています。したがって、胃腸が弱ると「気」や「血」が不足します。
気の働きと不足による影響
気は以下の5つの働きをもっています。

◎気の働き
①推動(すいどう)作用・・血液循環や新陳代謝を促す
②防御(ぼうぎょ)作用・・外から体に悪いものが入ってくるのを防ぐ
③固摂(こせつ)作用・・・汗・血・尿などが漏れ出るのを防ぐ
④温煦(おんく)作用・・・体を温める作用
⑤気化(きか)作用・・・・血・水の生成や代謝、尿や汗などの生成や代謝をコントロールする


気が不足すると、
③固摂(こせつ)作用が低下し、漏れ出る症状が出るため、不正出血が起こります。
⑤気化(きか)作用が低下し、血液が足りなくなり、色は淡く、希薄になります。
また気の不足によりエネルギーが不足するため、疲れやすく身体が重くなります。
代表漢方薬
漢方薬としては、胃腸を整え、「気」と「血」を補う十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)をベースに、帰脾湯(きひとう)や人参養栄湯(にんじんようえいとう)などを体質に合わせて使用します。
生活養生ワンポイント
おすすめの食べ物
〇お腹を温めるもの、消化しやすく栄養になるもの
もち米、黒米、山芋、生姜、かぼちゃ、蕪、キャベツ、ブロッコリー、舞茸、干しいたけ、にんにく、鯛、鮭、鶏肉、うずら卵、かつお、甘酒、酒粕、日本酒

〇薬膳食材
高麗人参、山薬(やまいも)、大棗(なつめ)、金針菜、蓮の実、ナツメグ、山椒、艾葉(よもぎ)、丁子(クローブ)
避けた方が良い食べ物
生もの、油もの、乳製品、冷たいもの、過剰の水分、お菓子
生活面
睡眠時間をしっかりとる、お昼寝もOK