症状別 漢方の教え

KAMPO KNOWLEDGE
更新日:2021/11/09 (火)

美容師さんの手荒れ・手湿疹

49歳女性の美容師さん

美容師さんは、カラー・パーマの薬剤や頻繁な手洗いで手あれが職業病だ、とよく聞きますが、今回の方も、お悩みはしつこく治らない手湿疹でした。

手あれの度に、ステロイドを塗り、だんだんステロイドも強いものになり。
美容院で使うパーマ液の種類が変わってから、更に悪化した手あれ。薬を使ってもまたすぐ繰り返し、良くならない。掻いてしまいどんどん広がっている。このまま冬になったらもっとひどくなるのでは?そんなご不安がありました。

他にも、偏頭痛、膀胱炎になりやすい、などが気になっていました。その度に、偏頭痛薬、抗生剤など、西洋薬に頼り切っていました。

未来への健康投資!

西洋薬はかゆみや痛みをはやくおさえてくれますが、原因を治してくれるわけではありません。ある意味「臭いものに蓋」です。放っておけば臭いものは更にたまって、将来もっと大きな病気の原因になってしまうかもしれません。
やはり繰り返す悩みを良くするためには、臭いもの(原因)をしっかり取り除いてあげることが大切。そうすることで、今の困っている症状を良くするだけでなく、将来の病気の予防にもなるはず。未来への健康投資ができるのが、漢方薬です!

身体の中の「臭いもの」を掃除する作業は、少し時間はかかりますが、着実に効いてきます。

半年でステロイドを塗らなくても良くなった!

この方も、4ヶ月くらいまでは良くなったり悪くなったりを繰り返していましたが、5ヶ月目には明らかに良くなっている!
6ヶ月目にはステロイドも使わなくても大丈夫という状態に。
「普通に手が洗えるのが嬉しい!」というお言葉に、私もとても嬉しくなりました。

また、頭痛が減り、膀胱炎もなりにくくなり、まさに身体全体が良くなっていきました。

「今まで一時的なものや西洋薬に頼りすぎていたんだな、とここに来て思うようになった。」
お客様自身がそう感じてくださったのが、一番の治る薬だったのかなと思います。