症状別 漢方の教え

KAMPO KNOWLEDGE
更新日:2022/01/06 (木)

痒くて眠れない・・・漢方でアトピー体質改善した男性

「とにかく痒くて眠れなくて・・・。どうにかなってしまうのではないかというぐらい辛いです。」

25歳男性、長年アトピーのような感じはあったものの病院の薬さえ塗っておけば、ある程度我慢できていた状態が続いていましたが、夏に金属によるかぶれのようなものが出来てから一気に悪化し、強いステロイドを塗ってもあまり効果は無い。

それまで肘の内側やひざの裏といった皮膚の薄い部分だけだった症状は胴体や頭皮、顔面にまで及び見た目も真っ赤にただれた状態で全身をかきむしりたくなるような強い痒みは一日中続くように。
あきらめなくてよかった!
漢方を始めて1か月後、赤みと痒みはまだあるものの、徐々に効果が出ているのを感じる。

2か月後、一度良くなった気がしたがまた痒みが出てきた。

3か月後、カサカサが少し良くなってきた。痒みはまだあるが以前よりは良い。一進一退を繰り返していました。

しかし6か月後には頭皮の赤みと痒みはほとんどなくなり見た目もきれいに!

1年後には身体の赤みもなくなりきれいになったが、汗をかくと痒みが少し出る。去年に比べれば全然大丈夫! 

その後も根気よく続け、1年半後、痒みもほとんどでなくなった。西洋薬も全く使っていない!

そして2年後。ついにまったく症状が出なくなった!本当に嬉しい!
アトピーの克服に向けた強い思い
皮膚病に使用する漢方薬は飲みにくいものが多く、味で苦戦する方もいらっしゃいます。
この方も最初は「苦くてなかなか飲めない・・・でも治るために頑張って飲んでいます。」との返答でした。
でもとにかく「治したい!」と思ってきちんと毎日服用し続けた事、その強い気持ちが何よりの特効薬だったようにも思えます。

季節による影響もあるのでアトピーなどの皮膚の症状は一進一退を繰り返しながら、長丁場の体質改善になります。
2年間の道のりはこうして振り返るとあっという間でも、その時々で一喜一憂があり、特に調子が悪い時は苦しいものです。
でもこうしてあきらめないで、続けられたのは「治したい」の一心。その毎日毎日の頑張りに、心から拍手を送りたいと思います!!