漢方よもやま話

  • 「漢方で健康!」~不眠症~
  • YOMOYAMA > 
  • TOP > 

「漢方で健康!」~不眠症~

「漢方で健康!」~不眠症~イメージ
NBCラジオ佐賀「漢方で健康!」
毎週水曜日午前10時10分ごろからお送りしている「漢方で健康!」の内容を一部改訂して掲載しています。
「不眠症」2016/4/6放送分

牟田さん)みなさんおはようございます。新年度が始まりました、この番組も新しいパーソナリティの阿部(さん)が加わりました。新しい顔ぶれで、そして新たな気持ちでこれからも健康に関する情報をお伝えしていきたいと思いますのでよろしくお願いします。早速ですが、今日のテーマを教えてください。


福田)はい。今日は「不眠症」についてお話ししたいと思います。色々なタイプの不眠がありますが、まず一番多いのが、なかなか寝付けないという方で漢方的には、身体に熱がこもっているのが原因と考えます。ストレスが多くイライラしたり、のぼせたりする方に多いです。


牟田さん)考え事をしているとなかなか寝付けないことがありますよね。


福田)まさにそんな時は、考え事をして頭に熱がこもっているのが原因と考えられます。そんな時は黄連解毒湯という漢方を使います。結構早めに効果が表れやすいので、寝る前に飲んでいただくようにします。


阿部さん)そんな頓服のように飲む漢方もあるんですね。


福田)即効性が期待できる漢方もあるんですよ。また別のタイプでは、なかなかぐっすり眠れない、ちょこちょこ目が覚める、夢ばかり見るという場合です。元々不安感の強い方や胃腸が弱く貧血気味の方、動悸がしたり、疲労倦怠感などがある方に多いです。


牟田さん)眠りが浅いタイプと言うことですね?


福田)はい。漢方では眠りに関係するのは心臓の心で、心を安定させる血が不足すると眠りが浅くなると考えます。ですから、体をしっかり補い眠れる力をつけてあげることが大切です。


阿部さん)なるほど~。眠ることにも体力がいるということですね。


福田)その通りです。3つめのタイプは年齢により体全体のエネルギーが衰えて眠れなくなる場合で、朝方早く目が覚めるタイプです。耳鳴りや腰痛、夜間頻尿などがある方に多いです。


牟田さん)年齢を重ねると早起きになるというのはこのタイプですか!?


福田)その通りです。年齢と共にイライラしたりするのも、体のエネルギーが衰え、熱を冷ますことができないからと考えます。漢方で言う腎をしっかり補うことで、不眠はもちろん物忘れのような老化現象も穏やかにすることが期待できます。 


阿部さん)不眠症以外の体の不調も同時に改善が期待できるなんて素晴らしいですね!


福田)体全体を元気にしていく、体質改善が期待できるというのが漢方の一番の魅力ですね。不眠症と言っても様々ですので、ご自分の症状体質に合った漢方を飲むことが大切です。


NBCラジオ佐賀「漢方で健康!」では毎週様々なテーマに添って代表取締役河端と漢方専門相談員の千代樵が、パーソナリティのよしのがり牟田さん・阿部さんと共に分かりやすく漢方のお話をしています!
300回を超える長寿番組です!ありがとうございます!(佐賀・有田・唐津1458kHz 伊万里1116kHz)
当サイトに掲載している記事・画像等の無断転載はご遠慮ください。