漢方よもやま話

  • 「漢方で健康!」~認知症~
  • YOMOYAMA > 
  • TOP > 

「漢方で健康!」~認知症~

NBCラジオ佐賀「漢方で健康!」
毎週水曜日午前10時10分ごろからお送りしている「漢方で健康!」の内容を一部改訂して掲載しています。
「認知症」2015/6/3放送分

牟田さん)おはようございます。6月に入りこれから雨が多くなる時期ですね。天気が悪いと「だるい」「やる気がでない」といったことが増えてくるかもしれませんが、そんな時こそ規則正しい生活を心がけ、梅雨をシャキッと乗り切りましょう。千代樵さん、今日のテーマは何でしょうか?


千代樵)はい今回のテーマは「認知症」です。この「認知症」は厚生労働省が指定する5大疾患の一つであり、患者数は2012年の時点で、約460万人にのぼっています。


牟田さん)「がん」や「脳卒中」と同じぐらい発症する方が多いと言うことですね。そもそも「認知症」とはどういった症状を指すのでしょうか?


千代樵)認知症の症状には大きく2つあって、1つは記憶障害や理解判断力の低下などが現れる「中核症状」というものがあり、多くの場合この症状がみられます。2つめは妄想や暴力、徘徊など人によって現れ方が異なる「周辺症状」というのもあります。


戸塚さん)「中核」「周辺」とはどういうことですか?


千代樵)はい。「中核症状」は様々な原因により脳の細胞が機能しなくなるもので、「周辺症状」は、本人の性格や生活環境、人間関係など様々な要因が絡み合って引き起こされるものです。


戸塚さん)原因は一つではないと言うことですね。認知症と言えば、最近では40代や50代でも発症する方が増えていると聞きますし、とても他人ごとではありませんね。なにか、防ぐ手立てはないのでしょうか?


千代樵)そう、他人事ではなくなってきてるんですね。認知症のように原因がわからないものに対しては、頭だけでなく体全体を元気にしていく「漢方」がおすすめです。


戸塚さん)具体的にはどのような漢方がいいのでしょうか?


千代樵)複数成分で多面的に体を改善する必要がありますので、おすすめは「聡明の雫(そうめいのしずく)」という健康ドリンクです。これは、中国伝統医学の最高峰、上海中医薬大学の研究者が中心となって開発したもので、12種類の植物エキスが入っています。


牟田さん)12種類の植物エキスが一度に摂取できるんですね!


千代樵)はい。この中には漢方で「上薬」と言われる「クコの実」や「高麗人参」、血行を促し古い血を取り除いていくと言われる「ベニバナ」、や「お金に換えられない高価な生薬」と言われる「田七人参」が入っています。


戸塚さん)体が喜びそうなものばかりですね。


千代樵)あくまでも個人の感想ですが、実際に飲まれた方からは、「夜眠りが深くなった」「朝の目覚めがすっきりする」「頭が温かく感じる」といった声も寄せられています。


牟田さん)認知症の予防は「まずは元気な体から」ということですね。


千代樵)はい。漢方みず堂ではこの6月いっぱいまで、「聡明の雫」を一本無料で差し上げるモニターキャンペーンを実施しています。「いつまでも聡明でいたい」という意欲をサポートし、前向きな人生へ導きます。この機会に是非お試し下さい。


NBCラジオ佐賀「漢方で健康!」では毎週様々なテーマに添って代表取締役河端と漢方専門相談員の千代樵が、パーソナリティのよしのがり牟田さん・戸塚さんと共に分かりやすく漢方のお話をしています!
まもなく300回を超えるご長寿番組です!(佐賀・有田・唐津1458kHz 伊万里1116kHz)
当サイトに掲載している記事・画像等の無断転載はご遠慮ください。