漢方よもやま話

  • 「漢方で健康!」~耳鳴り~
  • YOMOYAMA > 
  • TOP > 

「漢方で健康!」~耳鳴り~

NBCラジオ佐賀「漢方で健康!」
毎週水曜日午前10時10分ごろからお送りしている「漢方で健康!」の内容を一部改訂して掲載しています。
「耳鳴り」2015/5/20放送分

牟田さん)おはようございます。5月も下旬に入り暑さ対策が欠かせなくなっててきました。さて、この時期旬を迎える食べ物といえば「トマト」です。昔から「トマトが赤くなると医者が青くなる」と言われていますよね。ビタミンCを豊富に含んだトマトをたっぷり食べて、夏バテに負けない体づくりを始めてみてはいかがでしょうか? 千代樵さん、今日のテーマは何でしょうか?


千代樵)はい今回のテーマは「耳鳴り」です。「耳鳴り」とは、実際には音がしていないのにも関らず、耳の奥のほうで何かがなっているように感じられる症状のことです。戸塚さん、耳鳴りを感じたことはありませんか?


戸塚さん)私はありませんが、耳鳴りで悩んでいるという方は周りにたくさんいます。


千代樵)耳鳴りで悩む方はとても多いです。その方たちのカウンセリングをしていると「まぶたが腫れぼったい」「ひざから下がむくんでいる」「ふわふわとしためまいがする」などといった症状を訴えるかたもいらっしゃいます。


牟田さん)そうなんですね。しかし、その症状は「耳鳴り」とは全く関係ないように思いますが・・なぜ、そこに注目されるのでしょうか?


千代樵)漢方の診察では、一見悩んでいる症状とはあまり関係ないようなことを問診で尋ねたり、見せていただいたりします。これは病気の原因を探る為にとても必要なことなんですよ。


戸塚さん)ではその、「まぶたが腫れぼったい」「ひざから下がむくんでいる」といった症状から、どんな原因が考えられるんですか?


千代樵)漢方では「気・血・水」の3つのバランスがとれていれば健康と言う考え方があります。これらの症状がある場合は「水」のバランスが悪くなっていると考えられます。つまり、「耳鳴り」は、体の水分バランスが崩れが原因で生じているわけです。


牟田さん)ということは、「水分バランス」を整えると「耳鳴り」の症状が和らぐということですか?


千代樵)はい、水分バランスを整える漢方で「耳鳴り」の症状を緩和します。


戸塚さん)水分バランスを整える漢方とは、具体的にはどのような漢方を使うのでしょうか?


千代樵)例えば「苓桂朮甘湯」を用いることがあります。ただし、体力がない方や貧血の方には「連珠飲」を用いるなど、その方の体質を考慮しながら処方します。


戸塚さん)体質によって漢方を使い分けるということですね。 


千代樵)はい。また、自律神経失調症や更年期障害などの随伴症状として「耳鳴り」が起こっている場合もあります。その場合は、それらの病気を改善するような漢方を使用して「耳鳴り」を和らげていきます。


戸塚さん)西洋医学と違って一つの症状に一つの薬を使うわけではないんですね。


千代樵)はい、ですから漢方ではカウンセリングがとても重要なんですよ。


NBCラジオ佐賀「漢方で健康!」では毎週様々なテーマに添って代表取締役河端と漢方専門相談員の千代樵が、パーソナリティのよしのがり牟田さん・戸塚さんと共に分かりやすく漢方のお話をしています!
まもなく300回を超えるご長寿番組です!(佐賀・有田・唐津1458kHz 伊万里1116kHz)
当サイトに掲載している記事・画像等の無断転載はご遠慮ください。