漢方よもやま話

  • 「みず堂のなるほど漢方塾」~9月質問コーナー~
  • YOMOYAMA > 
  • TOP > 

「みず堂のなるほど漢方塾」~9月質問コーナー~

RKB毎日放送「みず堂のなるほど漢方塾」
毎週日曜日「サンデースイングライフ」内にて午前9時30分ごろからお送りしている「みず堂のなるほど漢方塾」の内容を一部改訂して掲載しています。
「9月質問コーナー」2014/9/28放送分

中嶋さん)河端先生、あかね先生おはようございます。


河端・福田)おはようございます。


中嶋さん)先週は肌のトラブルをテーマにお伺いしましたが、症状体質はもちろん、季節によっても飲む漢方薬が変わるということでしたね。


河端)その方その方で、ずっと同じ漢方薬を飲むこともあれば、変えていくこともあって本当に漢方は奥が深いんです。ぜひ専門の所へご相談ください。


中嶋さん)実は今日質問で肌のお悩みいただいていますので、ご紹介しますね。


福岡市西区 50代女性 茜先生に質問です。乾燥で肌がかさかさしています。うちの娘も乾燥していて辛そうです。子どもも飲める漢方でお勧めのものがあれば教えてください。


福田)これからの秋冬は乾燥肌のお悩みも多くなってきますね。先週お話したように、乾燥肌は血虚、血が不足することで起こりますので、当帰飲子など血を補って皮膚に栄養を与えてくれる漢方を使います。お子さんの場合、漢方の前に私はまずはスキンケアをしっかりしてみて、それでもということであれば漢方をお勧めしています。


中嶋さん)漢方みず堂さんには敏感肌の方でも安心して使えるこだわりの化粧品シリーズがありますよね?


福田)今年は、全身の保湿に使えるボディミルクも出ました。とにかく保湿力が抜群で使用感がいいので、お風呂上がり、朝晩としっかりスキンケアをしてあげてみてください。


河端)乾燥して掻きむしって血だらけになるようなひどい場合はやはり漢方をしっかり飲むといいですね。味は美味しいものから苦いものまでありますが、お子さんはごほうびシールをあげたり、少しはちみつを入れて飲んだりと工夫して飲んでいただいています。


中嶋さん)お子さんの場合ちょっと味見もできるとのことでしたよね?ぜひ一度ご相談くださいね。では次の質問です。


福岡市東区 40代女性 最近目がとても乾燥してかゆいです。秋の花粉のせいでしょうか?漢方で何か対策はとれますか?


河端)秋のアレルギーでしょうね。今年はおそらく夏の雨の影響だと思いますが、早い時期からアレルギー症状が出る方が多いですね。目の痒みであれば荊芥連翹湯などの漢方薬がありますが、体質によって様々なので詳しくご相談ください。 


中嶋さん)200種類以上の漢方薬からぴったりのものを選んで頂けるそうですよ。では最後の質問です。


福岡市西区 50代女性 こんにちは。デスクワークが多く、偏頭痛に悩まされています。いつも市販されている薬を飲んでいます。楽になる漢方薬はございますか?


河端)漢方では肝系統の頭痛で、とにかく頭周辺の巡りをよくしてほぐしてあげる漢方薬を飲まれるといいですね。加味逍遥散や釣藤散などたくさん種類がありますので、もう少し詳しい体質を聞かせて頂ければと思います。


福田)実は来週、頭痛をテーマにお話しますのでぜひお聞きください。同じようなお悩みで来られる方非常に多くて、中にはあまりの頭痛で吐いてしまうような方もいらっしゃいました。早ければ1か月でずいぶん変わってきますし、大体の方が3か月ぐらいで目に見えて効果を感じてこられます。


中嶋さん)根本的な原因を解決する漢方薬、ぜひ漢方みず堂さんへご相談ください。


RKBラジオ「みず堂のなるほど漢方塾」では代表取締役河端と漢方専門相談員福田茜がパーソナリティの中嶋順子さんと分かりやすく漢方のお話をしています。
番組内では“厳しい河端先生”“やさしい茜先生”として月末恒例のリスナーからの質問コーナーでは毎月たくさんの質問をいただいています!(福岡1278kHz 北九州1197kHz 大牟田・行橋1062kHz)
当サイトに掲載している記事・画像等の無断転載はご遠慮ください。