漢方よもやま話

  • 「漢方で健康!」~2月質問コーナー~
  • YOMOYAMA > 
  • TOP > 

「漢方で健康!」~2月質問コーナー~

「漢方で健康!」~2月質問コーナー~イメージ
NBCラジオ佐賀「漢方で健康!」
毎週水曜日午前10時10分ごろからお送りしている「漢方で健康!」の内容を一部改訂して掲載しています。
「1月質問コーナー」2014/2/26放送分

牟田さん) 河端さん、今月は全国的にも寒い月でしたね。体調を崩している方も多いように感じますが、特に高齢の方は体調管理に気をつけてほしいですね。


河端)  そうですね。今年のインフルエンザは高熱が出ない方も多くいらっしゃいますので、ぜひお気を付けいただきたいと思います。 


牟田さん) それでは早速ですが、お寄せ頂いた質問をご紹介します。最初の質問です。


もうすぐ花粉の季節になるのが、非常に憂鬱です。私が、花粉症の症状で最も悩まされるのは頭痛です。もちろん、くしゃみや鼻水もあるのですが、頭痛がひどいため、鎮痛剤を服用しています。ただ、頻繁に飲むのは気がひけるので、漢方に相談したいです。


河端) 今の季節はこのような方には非常に憂鬱でしょうね!この方の場合、頭痛がひどくなるというアレルギーはわりと珍しいと思います。でも、基本的にはアレルギーは漢方では水毒と言って水の循環がおかしくなって鼻や、涙として出てくるわけですけども、それが出きらずに頭の中にたまった状態で頭痛が起こると思われますので、対処療法ではなく、体質改善するような漢方を服用されるといいと思います。


諸岡さん) では、次のご質問です。 


今年、62歳を迎える私の旦那が、五十肩になったようです。まだ、軽い方だと思うのですが、手を上げる時に、少しつらそうです。あまり動かさない方が良いとも聞きますが、漢方薬にも効果的なものはありますか。


河端) 初期の時は動かさないほうが良いと思いますが、慢性的に敬意しているならむしろ動かした方がいいです。漢方では、「不通則通」と言って、通じざればすなわち痛むという言葉もあるんですが、血液やリンパなどを巡らして痛みをとる漢方が良く使われます。ぜひ一度ご相談ください。


牟田さん)では、次です。


私は背中からお尻にかけての吹き出ものに悩んでいます。顔には全くできないのですが、なぜか背中とお尻にできてしまいます。塗り薬などを塗ってはいるのですが、定期的にできてしまうので、体質改善も含めて、良い漢方を教えてください。


河端) 人間の体を上中下に分けて、だいたい胸から上を上焦、下半身を下焦、その真ん中を中焦と表現します。この方はちょうど中焦が弱く、吹き出物が出ていると考えられます。もちろん体質をしっかり聞かないといけませんが、良く使われる漢方は荊芥連翹湯という漢方が良く使われます。


諸岡さん) それでは、今日最後の質問です。 


私は昔から生理不順に悩まされています。生理痛もひどく、薬は飲んでいるのですが、ついイライラしてしまいます。具合も悪くなり、会社を早退することもあるほどです。漢方薬での処方はありますか。教えて下さい。


河端) 最近は、赤ちゃんが欲しいという相談が多く、その中でも、生理不順だったり、生理痛、筋腫などのご相談も多くいらっしゃいます。漢方はどちらかというと、婦人科系統の薬が多くあり、女性特有の症状に使う漢方は100種類以上と言ってもいいくらいほんとに多くあります。生理時の血の色とか、塊の有無、冷え症や胃腸症状によっても全く違う漢方を使いますので、ぜひ一度ご相談ください。


牟田さん) はい、ありがとうございました。


NBCラジオ佐賀「漢方で健康!」では毎週様々なテーマに添って漢方専門相談員の千代樵が、パーソナリティのよしのがり牟田さん・諸岡彩さんと共に分かりやすく漢方のお話をしています!
月末恒例のリスナーからの質問コーナーでは代表取締役の河端がテンポよく簡潔にお答えしています。(佐賀・有田・唐津1458kHz 伊万里1116kHz)
当サイトに掲載している記事・画像等の無断転載はご遠慮ください。