河端孝幸の読む漢方

世界を正しく見てみよう!

世界を正しく見てみよう!

問一 現在低所得国に暮らす女子の何割が、初等教育を修了するでしょう?
A 20%   B 40%   C 60%
問二 世界で最も多くの人が住んでいるのはどこでしょう?
A 低所得国  B 中所得国  C 高所得国
問三 世界の人口のうち、極度の貧困にある人の割合は、過去二〇年でどう変わったでしょう?
A 約二倍になった  B あまり変わっていない  C 半分になった
問四 世界の平均寿命は現在およそ何歳でしょう?
A 50歳  B 60歳  C 70歳
問五 15歳未満の子供は、現在世界に20億人います。国連の予想によると、2100年に子供の数は何人になるでしょう?
A 40億人  B 30億人  C 20億人
問六 世界の一歳児で、何らかの病気に対して予防接種を受けている子供はどのくらいいるでしょう?
A 20%  B 50%  C 80%
問七 いくらかでも電気が使える人は、世界にどのくらいいるでしょう?
A 20%  B 50%  C 80%
問八 世界中の30歳の男性は、平均10年間の学校教育を受けています。同じ年の女性は何年間学校教育を受けているでしょう?
A 9年間  B 6年間  C 3年間

解答 1:C 2:B 3:C 4:C 5:C 6:C 7:C 8:A

私が最近非常に興味深く読んだ本「ファクトフルネス」の冒頭に書かれている質問です。
いかがでしたでしょうか?ちなみに知識レベルが高い人々も、世界中を飛び回っているビジネスマンも、ノーベル賞受賞者さえも、すべての問いに対する正答率は、10%台です。ご心配なく。

本能や思い込み

著者は、事実に基づいて世界を見ることができないのは、色々な本能や思い込みがあるからだと警笛を鳴らしています。もちろんテレビ等に流れるニュースは、非日常的なことが起こるからニュースになるわけですから、当たり前といえば当たり前。まれにある情報がインプットされ、間違った知識が思い込みとして作り上げられる。それがひいてはとんでもない勘違いになるわけです。今ある世界を正しく認識できなければ、危機に対応する事や、未来の予測もできなくなり、世界とは言わないまでも、現在の私たちの周りで起こっていることに対しても、とんでもない勘違いを引き起こす危険性を示唆してくれています。

素晴らしきこの世界

著者が、アフリカのある場所で講演し、極度の貧困がなくなるのも間もなくであろうということ、自分自身の孫がアフリカに観光に来て、これから建設予定の新幹線に乗る日を夢見ていると話したそうです。ところがその話を聞いたその講演の主催者が「私の夢は、私の孫がヨーロッパ(著者はスウェーデン人)に観光に行って、そちらの新幹線に乗ることです。アフリカ人たちは、難民として嫌われるのではなく、観光客としてヨーロッパに歓迎される存在になります。」と言ったそうです。
いかがでしょうか。いかに、上から目線で話していたことか。その事さえも気が付かず、大きな勘違いをしていた。と話されています。私たちも知らず知らずのうちに相手に対して驕り高ぶった表現をしているかもしれません。ぜひ注意したいものです。
また、この本はこの世界は決して捨てたものではない!素晴らしいんだ!世界は成長発展してきているんだ!決して悲観的に物事をとらえるべきではない!という事を教えてくれます。かのビル・ゲイツが絶賛する本でもあります。興味がある方は、ぜひご一読を。