河端孝幸の読む漢方

目に見えないものの大切さ

目に見えないものの大切さ

一年の中で一番いい季節になりました。
気候も穏やかになり、「五月晴れ」とも言われるように、さわやかな天気も続きやすく、木々は新芽を出し、木の葉の緑の鮮やかさは本当に生命の息吹を感じさせますね。
さて、四月から新年度になり、そろそろ日頃の疲れが出てくるころでしょうか。色々なストレスが重なり、眠れなかったり、イライラしたり、やる気が出ない、だるいという方も増えてくる時期です。
漢方では、人間の体に流れているものを「気・血・水」に分けて、そのアンバランスやその力が落ちて病気になると考えています。
特にストレスが関係するのは「気」。気虚と言って、身体のエネルギーを巡らす力や、臓器そのものの活動が弱っている状態の事を指します。また「気滞」と言って、動かす力が滞ることで、喉のつかえや、胃のつかえ、ゲップなどが多くなる症状が出てきやすくなります。

「気」

また気は、血液が滞ることでできる血栓ができないように巡らしたり、むくみが出ないように、身体の水分やリンパ液を巡らすこともしています。
「気は血の帥(すい)」と言われていますが、気が滞ると全てが滞ります。また、気が弱ると全てが弱ってきます。
逆に言うと、気が充実していると全てが充実してくるとも言えます。よく、「気が張っていて疲れを感じない」とか、「気で持っている」と言われますが、その時の気の状態が、充実している気の状態といえます。したがって、身体を支えている素が気であり、漢方薬ではこの気という目に見えないものを非常に大切にします。
日本語の中にも、「気持ちがいい」「気分がいい」「気立てが良い」「気が落ち着く」「和気あいあい」「士気が上がる」「元気、陽気、根気、覇気、勇気」等々、気を使う言葉が大変多く存在し、昔から気を大切にしてきたのが日本古来の文化とも言えると思います。目に見えなくとも何となく感じるもの。それが気と大変深くつながっているのだと思います。

気の巡りを良くする漢方薬

一年中で一番季節がいいとも言われるこの時期は、一番様々な症状が出やすくもなります。冬は寒いので、生物はすべて寒さに耐えるために色々なものをため込みます。春と共に植物も芽吹いてくるように、一斉に体の余分なものも出す時季となるわけです。したがって、季節的には一番ダイエットに合う時季といえます。一方で、暖かくなり、気が落ち着きづらくなって、自律神経失調症や、うつ病、なども出やすい時季とも言えます。
いずれにしても気の巡りを良くする漢方薬を使いますが、その種類は大変多く、その方の体質により使い分けます。
非常にだるい場合でよく使われる漢方薬は補中益気湯。これから熱中症も多くなってくる時季ですが、その場合は、リンパ液や血液も補う清暑益気湯、人参養栄湯、加味帰脾湯などが使われます。
人間には病気に打ち勝つ絶大な自然治癒力があります。その自然治癒力を高めていくことが最も大切な事と同時に、だいじょうぶ!まだまだ元気!病気に負けない!そのような気力が最も大切ですね。