症状別 漢方の教え

KAMPO KNOWLEDGE
更新日:2021/10/22 (金)

半夏瀉心湯

脾胃の気の巡りが乱れている方に使われる代表的な漢方薬です。脾胃の働きが正常な場合、食物を消化・吸収し栄養分(血)や水分(津液)を全身へ巡らせる「脾」の気は上へ、さらに消化・吸収させるために小腸へ運ぶ「胃」の気は下へ動きます。この気の巡りが上下逆に乱れた場合、みぞおち辺りで気が停滞してしまいます。その結果、みぞおちの痞え、げっぷ、胸やけ、悪心・嘔吐、腹部膨満感、胃炎、軟便・下痢、口内炎などが現れやすくなります。神経症や二日酔いなどでもみられやすい症状です。
半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)は、乱れた脾胃の気の巡りを整え脾胃の元気を取り戻していく漢方薬です。
配合生薬
半夏・黄芩・乾姜・人参・甘草・大棗・黄連
このような特徴のある方に
□ 舌は薄いピンク色で舌苔は白~やや黄色
□ みぞおちは痞えるが痛みはない
□ 食欲がない
□ 吐き気、むかむか、げっぷがある
□ 腹部膨満感がある
□ お腹がゴロゴロ鳴る
□ 下痢、軟便、排便がすっきりしない
その他の胃腸症状がある方の漢方薬
  • 茵蔯五苓散など
    脾胃湿熱、蓄水証、水湿内停、口渇、口の粘り、むくみ、尿量減少、黄疸など
  • 加味逍遙散など
    肝鬱化火、肝鬱血虚、肝脾不和、イライラ、不定愁訴、肩こり、生理不順など
  • 半夏白朮天麻湯など
    脾胃気虚、風痰上擾、悪心、嘔吐、下肢の冷え、頭重感、むくみ、消化不良など
  • 人参湯など
    脾陽虚、脾胃虚寒、胃腸が冷えると痛みが悪化、手足やお腹の冷えなど
  • 香砂六君子湯など
    脾胃気虚、寒湿阻滞、胸やけ、げっぷ、腹部膨満感、食後の眠気、冷え、気分が沈むなど
この他、何十種類の中から自分に合う漢方薬を見つけることができます。
詳しい症状の経過や体質をもとに自分に一番合った漢方薬を飲むことが、より効果的な症状改善への第一歩です。