症状別 漢方の教え

KAMPO KNOWLEDGE
更新日:2021/10/20 (水)

D:加齢・過労が原因!頭に酸素がいかない感じの頭痛

漢方で「腎」は生命エネルギーそのものが宿ると考えられ、年齢と共に自然と衰えていくものです。
腎は「腎精(じんせい)」という、人の体を構成し、生きていく源となる物質を貯蔵しています。
この「腎精」は骨髄や脊髄といった「髄」を生じる作用をもち、体の上部で脊髄と繋がっている脳は、髄の集まりである「髄海(ずいかい)」ともいわれています。
腎が衰えてくると、腎精が不足するため髄の生成も少なくなり、髄海(脳)が空虚となり頭痛がおきます。
頭が空っぽのような、頭に栄養・酸素がいかない時のような痛み(空痛といいます)を感じます。
どんな頭痛?
●ぼーっとする頭痛
その他のよくある症状
□物忘れ
□ふわふわするめまい
□ジーと低い耳鳴り
□足腰のだるさ
□年齢的な衰え
代表的な漢方薬
杞菊地黄丸、六味地黄丸、八味地黄丸など