症状別 漢方の教え

KAMPO KNOWLEDGE
更新日:2021/10/15 (金)

冷え性と妊娠

妊娠と関連の深い「衝脈(しょうみゃく)」・「任脈(にんみゃく)」
冷えがある方は、特に妊娠と関連の深い衝脈・任脈の血液の流れが悪くなると妊娠しづらくなってしまうので、冷えの改善が妊娠しやすい体づくりに繋がります。

よく経絡というのを耳にしますが、経絡とは経脈と絡脈のことです。

経脈:体の深いところを通り、臓腑を結び付ける。「十二経脈」と「奇経八脈」がある。
絡脈:体の浅いところを通り、筋肉・皮膚と連結している。

「ツボ」はこの経絡の上にある無数のポイントです。
いわゆる五臓(肝・心・脾・肺・腎)六腑(胆・小腸・胃・大腸・膀胱・三焦)に直接もしくは絡んで連結しているのが、「十二経脈」で気血の通り道です。
十二経脈を統率・連絡・調節するのが奇経八脈です。十二経脈の気血が余れば奇経八脈に蓄え、不足すれば補充します。

子宮は漢方では「奇恒の腑」と言われます。
脳や髄も奇恒の腑と言われます。
形態は中が空洞で「腑」のようだけれど、働きは「臓」「腑」両方持っている独特の器官です。

子宮と密接な関係にあるのが、「奇経八脈」のうちの衝脈と任脈です。

衝脈(しょうみゃく):血の海とも称され、生理と密接な関係。子宮→会陰→上って頭部/下って足に分かれる。
任脈(にんみゃく):任は妊と同じ意味。妊娠と密接な関係。子宮→会陰→腹部→胸部→咽喉→唇→眼窩を通る。

臓腑の失調、気血津液の失調を整え、さらにそこから子宮までの通り道である衝脈・任脈の二脈の損傷を修復し補うことが生理を整え妊娠を目指す時には重要になってきます。
『妊娠しやすい体づくり』には、漢方薬を
冷えているからといって、妊娠しないということはありません。
ただ、冷え性だった方が冷えを改善することで、妊娠したというケースがたくさんあるのも事実です。

赤ちゃんが欲しいと思ったらまずは栄養のある血をしっかりと身体に巡らせ、しっかりとしたよい卵を作り、ベットとなる子宮を居心地の良い状態にすることです。漢方では赤ちゃんは”綺麗な血液の集まり”と考えるため、綺麗な血液がたっぷり巡っている状態が、赤ちゃんがすくすく育つ環境と考えます。
液体は冷えると固まるように、体を流れる血も冷えるとドロドロとしてきます。血液ドロドロ状態のことを漢方では「瘀血(おけつ)」と言います。冷えがある方は、血のめぐりが悪くなるため、栄養のある血が子宮に集まりにくくなります。

まずはなぜ冷えているのか、体の中でどういうことが起こっているのかを漢方的に紐解き、お一人お一人に合った処方を選んでいきます。また、体質改善を進めていく途中では体質も変わっていきますので、その都度自分に合った漢方薬を飲むことが大切です。

そもそも体のバランスが乱れる原因は、心・食事・運動・休養・環境の乱れ。漢方薬を飲むとともにこれらを見直していくことで、自分の良くなる力をより発揮できるようになり妊娠しやすい体づくりへの大きな後押しとなります。
妊娠を望まれており冷えが気になる方は、ぜひ一度漢方みず堂にご相談くださいませ。