症状別 漢方の教え

KAMPO KNOWLEDGE
更新日:2021/11/05 (金)

停滞期があるのが理想的なダイエット

今度こそ痩せたい!!

みなさん思いは一緒ですが、太ってしまった原因は様々です。

そんな中、甘いものが欲しくて欲しくて、やめられない。

そう話される48才の女性がいらっしゃいました。

よくよくお話を伺うと間食はもちろんいつの間にか夕食までもが甘いお菓子や、甘い菓子パンの日々。

この5~6年の間に15kgも太ってしまっていました。

そのため腰痛にも悩まされるように。

このままでは歩けなくなるんじゃないかなと不安になるほど腰が痛くなり・・・

いよいよダイエットを決意!!

欲を出せば5~6年前の55㎏に戻りたいけど・・

まあとにかく60㎏には!!

スタート時  69.5㎏

10日後    66.8㎏

1か月後   64.3㎏

2か月後   59.7㎏

3か月後   56.8kg

1カ月後には閉経したと思っていた生理が一年ぶりに始まりその後も毎月生理が来るようになりました。

実は無月経だった方がダイエットすることで生理が順調にくるというのは珍しいことではありません。

とにかく60㎏どころか2ヶ月後にはもう57.1㎏!!

あんなにお菓子が止めれなかったのに、ここまでにお菓子をたべたのは2~3回。

3か月過ぎた頃にはもうゴールがそこまで!!

停滞期は踊り場!

ダイエットには途中、なかなか体重が落ちにくくなる停滞期がありますね。

この方は停滞期が短くほんとうに順調なほうでしたが、

人によっては10日ぐらいの方もいれば、あんなに調子よかったのにもう1か月以上もうんともすんとも減らなくなるという方も。

でも停滞期は自律神経やホルモンバランス、そして基礎代謝など、身体のバランスを整える大切な時期。

その停滞期があってこそ、また健康的に痩せやすくなります。

そうは言っても、停滞期では焦りが出てくるし、もうやーめたっと諦めそうなりますよね。

そのようなときに、体重の落ち方を階段で例えてお話しています。

階段を一段一段下って、踊り場でちょっと休憩(停滞期)、そしてまた階段・・・

それが理想的!!

大丈夫!!

今は踊り場の時期、体重が増えてないだけでも頑張っている証拠ですよ!!

いまダイエットをされて、ちょうど停滞期のみなさんも諦めないでくださいね!!

きっともうすぐまた階段がでてきますよ!

ダイエットにしても、その他どのようなお悩みにしても私に出来ることは、そばで精一杯応援してさしあげること、人間の力を信じること。

きっと大丈夫。いつもそういう気持ちで応援しています。