症状別 漢方の教え

KAMPO KNOWLEDGE
更新日:2021/10/11 (月)

体重83kgから49kgへ!はじめの1か月で-10kg

2年で-34㎏!!

「とにかく痩せたい」という20歳代の女性。

食事のコントロールと漢方薬。

この組み合わせをまずは4か月。

※上記グラフ参照

4か月で83㎏だった体重は67.5㎏。

-15.5㎏!

うち10kgは最初の1か月でドーンと落ちました。

その後もコツコツとダイエットを続け、ついには49㎏。

約2年で-34㎏のダイエットに成功しました。

体重の変化がなく苦しかったのは、夏と冬。

季節の変わり目が一番痩せやすい!

これは漢方の理屈通りで、自然が変化する時に体も変化しやすいということです。

冬は寒さに耐えるために脂肪を貯めるように動物はできていて、人間も同様です。

夏は、その暑さに耐えるために体力の補給を積極的にするようにできています。

冬から夏の間の春、夏から冬の間の秋が一番のダイエットの旬の時期です!

また、数年続けていくと落ちにくくなるのは当たり前。

痩せた時には、その痩せた体に合わせて自律神経やホルモンのバランスを取るために体重の減少が一時ストップします。

そして、また痩せる準備ができた段階でまた痩せてきます。

したがって、体重な直線的に右下がりには落ちません。

そうなってしまうと拒食症になりやすくなります。

階段状に、一時平衡状態が続いて、それからまた落ちる。

それが理想的な落ち方です。

さらに、何度も何度も落ちてくると落ち方自体が鈍くなり、また、平衡状態が長く続きます。

この方もひと月数百グラム程度でほとんど変わりがなく、平衡状態が半年ほど続いた時期があります。

でも、これが大事です。

体重が落ちない時期は苦しいですが、体重だけにとらわれず、良くなったことに目を向けることです。

この方もそうですが、漢方薬を使ったメリットは、肩こり、頭痛が全くなくなったという事。

これぞまさしく体質改善!

そしてリバウンドしにくい体質に。

ぜひ手に入れた体形を永遠に。