症状別 漢方の教え

KAMPO KNOWLEDGE
更新日:2021/12/09 (木)

【お餅】

もち米
性味 甘/温
帰経 脾・胃・肺
主な働き 脾胃(胃腸)を元気にする。冷えによる下痢を止める。頻尿やだらだら出る汗を止める。
お腹の中から温めて元気を補ってくれるもち米。
冬は特に食べる機会が増えますが、粘りの強いお餅は消化吸収が遅く、小さいお子様やご高齢の方は食べ過ぎにご注意を。逆に胃腸の働きを弱めてしまいます。

江戸時代に85歳まで健康体で長生きしたという貝原益軒が書いた『養生訓』では、
「胃腸が弱い人や老人は、餅・団子・饅頭の類で、冷えて硬くなったものを食べてはいけない。消化に時間がかかる。」「蒸したものより煮たものの方が消化されやすい。餅はついてから数日過ぎてから食べるのが適している。」とあります。
つきたてのやわらかいお餅も美味しいですが、お雑煮やぜんざいで頂く方が胃腸には良さそうです。

温める性質があるので、赤いニキビや赤みの強い皮膚症状、のぼせ、黄色い痰が出る方は控えめに。


〔参考資料〕
『養生訓』致知出版社 発行