症状別 漢方の教え

KAMPO KNOWLEDGE
更新日:2021/10/15 (金)

妊娠中

妊娠中に不調が出てしまった時、飲める薬がなくて困っていらっしゃる方は多いです。

妊娠中は、赤ちゃんにも栄養を与えるとともにどんどんお腹が大きくなるので、妊娠前と比べてご自身の体の中の巡りが大きく変わる時。
つわりだけでなく、むくみや動悸、不眠、貧血、妊娠中高血圧や高血糖、便秘、頻尿など色々な症状が出やすいものです。また、ちょっとした風邪や花粉症の時に飲める薬がなくて、困ったという方も多くいらっしゃいます。
妊娠中は、赤ちゃんを育むとても大切な時期です。ご自身の体を健やかに保つことは、赤ちゃんにできる最初のプレゼントかもしれません。

漢方薬の原料は「生薬」です。そのほとんどは植物で、体に優しいものです。もちろん、生薬の中には妊娠中は飲んではいけないものもありますが、適切なものを飲むことで、母体を健やかに保ち、赤ちゃんに良い栄養を送ってあげることができます。

妊娠中の十月十日を快適に、そしてその後の出産を無事に迎えることができるよう、私たち漢方みず堂はしっかりとお話をお伺いし、妊娠中でも安心して飲める漢方薬や養生の仕方などをご提案いたします。