症状別 漢方の教え

KAMPO KNOWLEDGE
更新日:2021/10/11 (月)

陳皮(ちんぴ)・橘皮(きっぴ)・青皮(せいひ)

ミカンは薬

冬、こたつと相性抜群のミカン、その皮を乾燥させたものは、生薬として漢方薬に用いられます。

同じミカンでも、皮を乾燥する時期ごとにさらに分けられ、青皮、橘皮、陳皮という別の生薬になります。

熟す前の、皮が緑の時期のものは「青皮(せいひ)」、

熟して橙々色になったものは「橘皮(きっぴ)」、

橘皮が時を経て古くなると「陳皮(ちんぴ)」(陳:古いという意味)です。

どれも同じ植物の同じ部位のものなので、似たような働きを持ちますが、区別されるだけの違いもちゃんとあります。

ミカンの薬性

ミカンの皮をむく瞬間、ぱっと広がる香りは気分をすっきりさせてくれますね。

生薬としての性質も、「気」の滞りをすーっと流すことから「理気薬」と言われます。

「気」は、気分的な事や活動の為のエネルギーとして、とても大事なものです。

【陳皮・橘皮の性質】

熟した皮の中では古いものほど良いとされ、陳皮が重宝されています。気を巡らせながら余分な湿気を除き、特に胃腸や呼吸器系の働きを整えます。

食欲不振、吐き気、お腹の膨満感、胃のもやもや感、喘鳴、息苦しい、咳、痰が絡まる

などの症状におすすめです。

【青皮の性質】

気の鬱滞を流す力が、より強いです。ストレスの溜め込みから来る、イライラ、鬱々とした気分をぱっと散らしてほぐします。胃腸の活動を促して、消化を助ける働きもあります。

自律神経症状、精神不安、のぼせ、胸苦しさ、歯ぎしり、PMS、ガスが溜まる、逆流性食道炎

などが現れやすい方に合います。

 

生薬は一般的に、新鮮なものほど鋭く、古くなるとマイルドに働きます。

強い症状を素早く鎮めたいときには新鮮なものを、慢性的な不調には、体にじんわり働きかける古いものがぴったりです。

ミカンの皮を使う漢方薬

○青皮

柴胡疏肝湯

○橘皮

釣藤散、鶏鳴散加茯苓

○陳皮

温胆湯、化食養脾湯香正気散、六君子湯、茯苓飲、抑肝散加陳皮半夏、補中益気湯、清肺湯・・・他にも、まだまだ沢山あります。

手作り橘皮の活用法

食べ終わったミカンの皮を、庭やベランダで陰干しして乾燥させれば橘皮の出来上がりです。

○お湯を注いでお茶として

- 胃腸の疲れや、気をほぐしたい時におすすめです。

○お風呂に散らして、一日の疲れをリセット

- 香りが直接働きかけてくれます

お茶パックにいれて浸せば、後片付けが楽です

○靴箱に入れて消臭剤として

- 爽やかな香りだけでなく、消臭効果も期待できます

家にある、とても身近な生薬です。一度、試してみてください。