症状別 漢方の教え

KAMPO KNOWLEDGE
更新日:2021/10/11 (月)

短期で改善!難聴(左耳低音障害)と耳鳴り

寝つきが悪い

40歳そこそこの女性で、まだ6歳の子が生まれて間もない頃、ぐずって、それがものすごくストレスとなり難聴と耳鳴りを発症。それから夜も眠れなく、特に寝つきが悪い。聞いてみると2~3時間眠れないとの事。

また、普段でもふらっとすることがあったり、鼻が詰まったような感じがあったり、体重が1年間で3Kg減。

病院の内科的検査では特に問題ない。

リンデロン(ステロイド剤)を飲んで良くなったり、悪くなったり。その繰り返しで、年に3回くらい1か月程度の期間で悪化する。

ちょうど今も約1か月たつが治らなく余計ひどくなっている感じがして、全く聞こえなくなるのではないかと思い不安。

病気を作るのは自分

この方の話を聞いていくと、ちょっとしたことでも不安があり、まさに悪循環。自分で病気を作っているとはまさにこのことと感じました。

くよくよ考えないこと!絶対に大丈夫!まずはそこから。

冷え症や寒がり、食欲もあまりなくめまい等もあり気血双補剤の中でも安神剤という心を落ち着かせる漢方をまず服用してもらう事に。

月に一度、心のメンテナンスを

2週間ですっかり耳は良くなった!聞こえるようになった!

1か月後には、耳鳴りも消えて、食欲も出てきた!との事。

2か月後には本当に元気になりました!!ありがとうございました!という元気な声。

しかし、この方の特性として、すぐ色々なことを気にしてしまうタイプ。また、不安が黙々と湧き上がってもおかしくない。

だからこそ、漢方は「究極の自分に合った野菜」という私の持論があり、とにかく少ない量でいいから続けることをお勧めしています。

この方も1か月に1度程度は不安に思っていること、考え過ぎていることを吐き出しに、来てもらえればいいかなと考えております。