症状別 漢方の教え

KAMPO KNOWLEDGE
更新日:2021/11/09 (火)

歩くことも座ることもできないほどの腰痛・坐骨神経痛

50代の女性

中腰での作業が多い仕事柄、腰痛は10年前から元々ありました。痛かったり、気にならない日もあったり・・を繰り返す状態。

しかしご来店される5ケ月前、今までとは違うピリピリとした痛みが走り病院へ。しかし鎮痛剤も効かず、次はカイロプラクティックへ。

無事1ヶ月後には落ち着き、そこからも2ヶ月間通い、その後チョット3週間行けずに空けてしまったら・・

最初の時よりも更に酷い痛みに襲われてしまいました。歩く事も座る事も出来ず、お風呂にも入れない状況に・・。

またカイロプラクティックに通ったものの、ピリピリとした痛みが取れず、酷い痛みが出る事もあり一日中痛みを気にする状況。

また昔のように動けなくなったら・・あんな辛い痛みに襲われたら・・と恐怖心が強くありました。

不通則痛

何度も出てきていますが、痛みは「不通則痛」と言って、気血津液の巡りが悪くなって起こると考えます。

今回も体を温め、血の巡り、津液の巡りを改善する漢方薬をお飲みいただきました。

飲んで早々変化

飲んで早々、もう効いてきた気がする!と痛みに変化を感じられていました。

1ヶ月経った頃には若干腰の痛みが減ってきました。

3ヶ月目、たまに仕事で腰に力を入れる時に痛い事があるけど、普段の生活の中では大丈夫に。

4ヶ月後にはほとんど痛みが気にならない状態に!

恐怖心が強かったお客様にとって、「漢方を飲んでいるから大丈夫。」という安心感も、効果の一つになられたと思います。

この記事を読んでいる方は、以下の記事も読んでいます