症状別 漢方の教え

KAMPO KNOWLEDGE
更新日:2021/10/11 (月)

漢方で体質改善!十年来の坐骨神経痛から解放!

56歳女性

バトミントンをきっかけに始まった10年以上になる腰痛・股関節痛。ずきずきするような痛み。特に背中と腰の間が痛む。普段からシップを貼ったり悪い時は痛み止めを飲んだりしながらしのいでいました。整骨院や整形外科など色々変えてみても、大きく変わらない。じっとしていると特に痛みがあり、基本的に痛みがないことはなく一度気になりだすと余計にずっと痛く感じてしまう。年々痛みが増してきている。
10年以上毎日耐える生活、どこかそれが当たり前になってしまっていました。
病院では坐骨神経痛気味と言われ、腰にでっぱりのようなものがあると言われている。梅雨時や、寒い時期に悪い。クーラーも悪化要因。

また、20年前から3度ほど難聴になっている。いずれもストレスやイライラが続いたときで左耳がふさがった感じ。耳鳴りは気温差で鳴る気がする。
体質としては、寝つきが悪く、小さな音でも目が覚める。寒がり、乾燥肌、口の渇き、便秘気味。

不通則痛

漢方では、痛みは気血水の巡りが悪い為に起こると考えます。
梅雨時期に悪化するということは、湿が悪さをしている証拠。寒い時期に悪化するというのは、血の巡りが悪くなっている証拠だと考え、血の巡り・水の巡りを改善する漢方を飲んでいただきました。

痛みが緩和されてからは運動も

漢方をはじめて1か月後、なんとなく足元や首回りが温かい気がする。

2ヶ月目には、整骨院を変えてみて骨盤がずれていたところの矯正も。変わらず冷えると痛むけど、姿勢によっては痛みが軽減されることが出てきた。

3ヶ月目、痛みは変わらずあるけれど、湿度が90%以上のじめじめした日でも痛みが強くならない。

4か月目、運転や同じ姿勢が続くことで久しぶりに痛みが増してしまった。寝つきもあまりよくない日が続いている。

5ヶ月目、本格的に寒い季節を迎えましたが一度悪くなった状態から持ち直してきた。大雪の寒波の日は痛みも強かったけど、悪かったのはその日くらい。ずっと続けていた便秘薬をやめてみたけど毎日ちゃんと便通がある。

6か月目、腰の痛みがほとんどなくなってきた!寝つきもだんだん良くなってきている。

7か月目、調子良い。体全体が温かく感じている。1年半続けていた入眠剤を、この1か月全く飲まなくなった。
痛みが落ち着いてきてから、週3回欠かさず運動教室に通い、体が固まらないようにしっかり運動を続けてきたことも大きかったと思います。
普段の生活を整えているからこそ、良くなってきてからのスピードが速かったように感じています。