症状別 漢方の教え

KAMPO KNOWLEDGE
更新日:2021/10/11 (月)

手足のほてり~冬でも足に扇風機~

67歳の女性

3年間、漢方を服用していたものの、全く変わらず、本格的な漢方薬をお求めにご来店されました。
冬でも足には扇風機を当てないと眠れないといった状況。体質は疲れやすい、風邪を引きやすい、夏・冬ともに苦手。鼻炎、お通じがコロコロしている。

ほてりの原因は陰虚火旺

手足のほてりは漢方では「陰虚」と捉えます。簡単に言うと、ボヤが起きているけど、消す水がない状態です。

年齢と共に、体の水分量は減少し、どうしても体はカラカラに乾きがちになります。皮膚がカサカサしたり、お通じがコロコロ固くなったり、全て「陰虚」です。

このボヤを消すためには、水をバシャーとかけても一時しのぎでしかありません。体をしっかり潤し、ボヤを消せるようにしなければいけません。体を潤す「補陰剤」の中でも、気血をしっかり補う漢方を飲んでいただきました。

1か月で改善

服用して1日目で、ほてりが少し楽になり、2週間後には指の先までほてりがあったのが掌までになり、お通じもコロコロ便からバナナ状に変化。勇気を持って大きな1歩を踏み出して本当に良かったと、お話してくださいました。
服用してから、1ヶ月経った今では手も足もほとんどほてりを感じない状態に。更に健康な体になれるように日々、頑張っておられます。
次の目標は、風邪をひきやすいので、風邪に負けない体になって寒い日、雨の日にも臆せず外に遊びに行くことです!