症状別 漢方の教え

KAMPO KNOWLEDGE
更新日:2021/10/11 (月)

毎日体重を測る重要性~何を食べたかで体は大きく変化する~

怖くて体重を測れない

「4ヶ月後の健康診断までに体重を落としたい。」とダイエットの相談に来られた35歳女性のお客様。

「いつまで」という期間はハッキリしているものの、実際どれくらい痩せたいのか・・?という点が曖昧でした。

その理由というのが、ご自身の体重をしっかり把握されていないところにありました。

自己申告して頂いた体重と、お店で計った体重の差はなんと+8kg!

ご本人もビックリの数字でした。

怖くて計れなかった・・と話される方は多いのですが、やはり今のご自身の状況を理解する事が一番大切な事だと思います。

想像より体重を落とさないといけない状況がわかり、まずは1ヶ月で-5kg、4ヶ月後には-10kgと目標をたててのスタートとなりました。

何を食べたかで体は大きく変化する

毎日体重を測定して頂くと感じる事が、当たり前の事ですが、何を食べたかで、身体は大きく変化をするという点でした。

飲み会(しかも遅い時間帯)の回数が比較的多く、飲み会の後は体重が2kgも増加される事もしばしばありました。

お付き合いを断るのは難しいので、食べ物の質と量に気を使って頂く事にしました。

そして増えた分は早く元に戻すという意識をもつ!

もう一つ、「手軽だから」という理由でパンを選択される事もありましたが、パンはGI値が非常に高く、太りやすい食べ物。

どんなに忙しくても、パンではなく、ご飯にする!

本当は雑穀入りのご飯が良いのですが、どうしても忙しい時はおにぎりを購入して頂く・・と地道に食生活も徐々に改善されました。

4か月で-13㎏!!

その結果17日後には-3.3kg、1ヶ月後-5.8kg、3ヶ月後には目標10㎏の大台越え!

-11.5kg、そして4ヶ月で-13kgのダイエットに成功!

もちろん、健康診断は体重も血液検査も問題なしでした!

更に3ヶ月が経った今も、相変わらず夜遅くの食事があった次の日は体重がグっと増える事もありますが、2~3日のうちにもとに戻して、リバウンドはしていません。

これからも新たな目標に向かって頑張られているお客様を応援していきたいと思います!