症状別 漢方の教え

KAMPO KNOWLEDGE
更新日:2021/11/05 (金)

2人の医師から「痩せなさい」通告でダイエットを決意!

64歳女性のダイエット

若い頃から、お産の時以外は、ソフトテニスを続けていらっしゃる活発的で明るい女性。

50歳の頃からちょっとずつ体重が増え、いつの間にか70kg一歩手前。

食べる量は変わらないのに。運動はしているのに‥。どうして。

病院の検診で、糖尿病の指針といわれるHbA1cが標準を超え6.4に。

このまま数値が上がると、血糖値を下げるお薬をのまなきゃならなくなるよ。

痩せなさい。

医師から告げられます。

そんな時、膝に激痛が‥。

膝を曲げて座れない‥。

元々、膝の調子がいまいちでしたが、このままでは、大好きなテニスが続けられない。

整形外科へ。

半月板損傷で、手術をすればいいよ。

ただし、手術前に痩せないとね。

またしても、医師からの通告。

体の巡りを良くすること

体質は、肩こり、暑がり、汗かき。

3日に一回の便秘。

左の親指のしびれ。

完全な実証で、気の巡り・血の巡り・水の巡りが悪くなっている状態でした。

スポ魂で頑張った!

よし!満を持して、漢方ダイエットをはじめられました。

とにかく頑張り屋さん。

間食も、やめられました。

どうしてもの時に、飴玉1個。

今まで、ちょこちょこつまんでたんだな~、ときづきました。

頑固だった便秘もすっきり。

肩こりもよくなった!

3ヶ月で5キロダウン。

下がりづらいHbA1cもマイナス0.4。

医師から、どうしたの?

たくさんの友人から、顔が小さくなったね。

細くなったね。どうしたの?と言われるように。

そして、膝の手術をされました。

術後は、2日に1度、午前中いっぱいかかる辛いリハビリもしっかり通われました。

そして4ヶ月。

まだまだ本調子ではないものの、軽く走れるように。

お孫さんのソフトテニスのボール拾いを大いに楽しんでいらっしゃいます。

ますます、明るく元気に過ごして頂きたいです!