症状別 漢方の教え

KAMPO KNOWLEDGE
更新日:2021/10/11 (月)

働くママのストレス太り

37歳女性 161cm 73kg⇒65.5kg

3歳の可愛い息子さんを連れた、優しい笑顔のお母さん。

独身時代もかなりのハードワーカーだったそうなのですが、結婚・出産を経てもそれは健在。

ですが産後職場復帰してから、忙しいお仕事と育児の疲れやストレスで+10kg!

それだけでなく、産前は感じることのなかった体調不良の数々に悩まされるようになりました。

特にひどいのはズキズキ頭痛、水の中にいるような耳の違和感、残業や休日出勤が続くときには、車の運転もままならないほどの、ぐるぐる・ふわふわとした眩暈に襲われることもありました。

そしてそんな忙しい時には特に、喉のつまりを感じるとのこと。

これは漢方では「梅核気」と呼ばれ、梅干の種が引っかかったような状態と表現され、まさに「気滞(きたい)」の症状です。

「気」が長いこと鬱滞し、「痰」が生じ、喉に気と痰が留まっている状態です。

また、月経の2週間前からはじまる下腹部痛、月の半分は生理痛に悩まされているようなものです、と本人もぐったりした様子でお話されていました。

一番の目標は結婚式

頑張らないといけないことが山ほどあるのに、自分の体が自分でないよう・・・。

体重も体調も、もとのすっきりした状態に戻したい。

そして一番の目標は、息子さんのお披露目も兼ねた結婚式で綺麗にドレスを着たい!ということ。

健やかで美しい状態を目指して、漢方ダイエットをスタートしました。

はじめは大苦戦

スタートから10日で体脂肪が-2.2kg!

そして何よりびっくりしたのは、スタートから2週間足らずで始まった生理の痛みがほぼ無かったこと!

これには本人も驚き、とても嬉しそうなご様子でした。

それから2ヶ月も経たない間に、絡まっていた糸がほどけるように、抱えていた体調不良がどんどん解消されていき、表情も晴れやかになってきました。

ですが肝心のダイエットの方は、2ヶ月経っても-2.5kgとなかなかの苦戦!

忙しくなるとどうしても食に走ってしまう癖はなかなか手強く、それでも体重が増えることはなくなりましたが、なかなか減量にはいたらず、そのもどかしい気持ちの中でモチベーションを保つのもやっとでした。

それでもキレイになりたい!と目標を見失うことなく、一緒に約3ヶ月もの長い停滞期と戦いました。

そうして漢方ダイエットを続けているうちに、徐々に「忙しいけど、うまくやっていますよ!」「食べたくなるけど、自分なりにコントロールできています」等、前向きな言葉が多くなったのと、忙しさの合間を縫って、もともと好きだった運動でリフレッシュできるようになってからは、一気に1ヶ月で5kgの減量に成功しました!

気の滞りがきれいに取れていく瞬間を目の当たりにして、驚きと嬉しさでいっぱいになりました。

それからはしっかりその状態をキープできるようになり、ついに-7.5kg、体脂肪-5.7%まですっきり落とすことができました。

いよいよ迎えた結婚式!

後日見せていただいた写真には、幸せそうな表情ばかり。

そして何より、美しくドレスを着こなす姿に、「痩せたね!」「綺麗になったね!」の声をたくさん貰ったとのこと!!

ご本人もとても満足のご様子で、1年間この日のために根気よく努力されてこられてのだと思うと、今までの道のりを振り返り、私も胸がいっぱいになりました。

これからはこの素敵な思い出を大切に、変わらず健康と美しさをキープしていただけるよう、サポートできたらと思っています。