症状別 漢方の教え

KAMPO KNOWLEDGE
更新日:2021/10/11 (月)

産後は血虚を補いながらダイエット

産後はダイエットどころじゃない

36歳、女性。154cm/60kg

産後6ヶ月、完全母乳にて育児真っ只中。

1年後の結婚式に向けて、-10kgを目指して体重を落としたい!

ものの、産後体調を崩すことが多く、この半年で乳腺炎や膀胱炎に罹ったり、以前に比べて風邪もひきやすく、回復も遅い。

夜はおっぱいで起こされるから常に寝不足で疲れもとれない。

初めての育児ということもありイライラする!と、全然ダイエットどころじゃない!

産後は血虚になりやすい

漢方では赤ちゃんを血の塊と考えますが、妊娠中お母さんはお腹の中で赤ちゃんがすくすく育つように、栄養いっぱいの血を注ぎます。

また出産で大量の出血もしますので、産後のお母さんの体は血が不足した状態「血虚」になりやすくなります。

血は体を滋養してくれるので、その血が不足するとこの方のように体調を崩しやすくなったり、他にも皮膚の乾燥や抜け毛がひどくなったり、便秘になったり、母乳の出が悪くなったり、また血虚がひどいと精神的に不安定になったり眠れなくなったりもします。

一般的に、産後のお母さんの体は虚しており、母乳を作るための栄養も摂らないといけないので、食事制限などの無理なダイエットは向きません。

漢方薬で産後の体を整えながら、食事を調節していけば、安全に体重を落とすことができます。

今回も、消耗した「血」を補いながら、ホルモンバランス・自律神経のバランスを整え、巡りの良い体にする漢方薬と、食事療法を取り入れていただきました。

産後よりもスリムに

漢方ダイエットを始めて10日後、-2kg。おっぱいの出も変わらず良好!二食のスープ食で家事のストレス減!楽になった!

20日後:-3.5kg。お通じコロコロ便からしっかり形のある便へ変化!お肌の質感もよい!時間に余裕ができたことで、お昼の食事を工夫でき料理の幅が広がった!毎日のお昼タイムが楽しみに!小腹がすいたときはライスミルクを飲んでいる。

1ヶ月後:-5kg。イライラ感も少し減ってきたし、産後のブヨブヨしたお肉がとれてきた感じがする!おっぱい、お通じも良好!この頃から朝夜スープを夜だけに。甘いものが欲しくなる時は、芋、栗、カボチャなどを食事の1品として加えるようアドバイス。

2ヶ月後:-6kg。気温が下がってきたが、風邪ひいていない! 夜のスープを普通食へ。スープは食べ過ぎた日の調整用で使用。赤ちゃんの後追いが始まり離れることができず、自分のタイミングでトイレに行けず便秘がちに。

3ヶ月後:-7kg。食事は完全に戻したが、順調に体重落ちている。この頃お通じがイマイチすっきりしない、お腹の張りもあったので、酵素を追加。

4ヶ月後:-8kg。お通じ、お腹の張り改善。おっぱいの出も変わらず良好!

ここまで体調を崩すことなく順調に減量できており、すでに産前の体重よりも減っています。

また漢方ダイエットをすることによって、食事内容の工夫、食事量の調整ができるようになりました。

目標まで残り2kgを目指して、またこの先2人目妊娠も念頭に入れて、今も漢方で体を整えながらコツコツ頑張っています!

産後の体調不良+産後太りでお悩みのお母さん、漢方ダイエットでの産後の体調ケアお勧めですよ!