漢方みず堂ブログ

ダイエット中は肌荒れしやすい!キレイに痩せるにはどうすればいいの?

ダイエット中は肌荒れしやすい!キレイに痩せるにはどうすればいいの?

体重を減らすためのダイエット、その間で肌荒れのトラブルに合う方がいます。

これはダイエットをしている間で、身体に必要な栄養分やエネルギーが不足しているからです。

肌荒れのサインを見逃し改善しないと、努力をしてもダイエットの結果が出にくくくなります。
今回はそんな、ダイエット中綺麗な肌質に改善し、身体も綺麗になる正しい知識を紹介します。

 

ダイエット中に肌荒れしやすい原因とは?

 

ダイエットをする前に、チェックすべきは、自分が肌荒れしやすいタイプなのか、事前に知っておくことです。
生活習慣や何気ない体調の不調がある人は、肌荒れが出やすい特徴があります。
自分の生活習慣含めて、以下の要素がある人は注意が必要です。

 

日頃の食事で栄養不足に陥っている

栄養不足がある人が運動をすると運動のために栄養分が使われてしまい、元気な肌を作る分の栄養分がなくなってしまいます。

人間の身体は生命維持に重要なことから、吸収した栄養分を使っていきます。
運動の疲れと肌の再生なら、疲れによって生命維持が出来ない状態を解消するために、
運動の疲れを取る方に栄養が割り振られてしまうんです。

 

特に、肌を作るために必要なビタミンである、ビタミンCやビタミンB2を食事で摂取していない場合は肌へのダメージが大なので、まずは食習慣の改善が重要です。

 

ストレス

ダイエットには、切っても切れない大敵がストレスです。
ダイエットする以前からもストレスがあると、睡眠面では睡眠の質の低下と体内時計が狂ってしまいます。
適度に溜め込まず自分を労ることも忘れないでください。

 

特に、ストレス発散で食べ物を食べることを習慣にしている方は要注意です。
一日摂取すべきカロリー以上を食べている日々が長いと痩せにくくなります。
逆に、ダイエットで断食ダイエットや極度の食事制限をしている場合もNGです!!
チートデイを設けて、食べる楽しみを補いながらストレスと付き合う方法が大切です。

 

ホルモンバランスの崩れ

女性の体を作るエストロゲンとプロゲステロン、
この2種類のホルモンが周期的に切り替わることで元気な体は維持されています。

 

ホルモンバランスが崩れ、特にエストロゲンの分泌が減少してしまうと、肌の再生のスピードが遅れます。

エストロゲンは骨の再生や皮膚細胞分裂、代謝にも関われています。

ホルモンバランスを整えることは健康的に痩せやすい土台の元なのです。


 

ダイエットで痩せやすい時期そうでない時期の目安もホルモン分泌が大きな関係を持っています。
そのため、ホルモンのバランスが整えるために、ストレスや睡眠不足の解消を心がけましょう。

 

便秘

便秘になると、人間の身体の老廃物の排出スピードが著しく遅れます。
特に、肌荒れの原因になるのは、腸内環境の悪化による老廃物の排出の遅れです。

 

食べたものから栄養を吸収し、排出するスピードが遅れることで、腸内で悪玉菌が増え、中性脂肪やコレステロール値が上昇します。
その結果、肌の潤いを護るために分泌される皮脂が過剰に分泌されるようになり、ニキビや吹き出物の原因になります。

 

便秘によって悪玉菌が多いと腸内環境が悪化し、善玉菌が作り出すビタミンや栄養素が少ないため、
身体の恒常性の維持する必要な栄養素も不足となっています。
健康な身体を作るビタミンや栄養素を得るためにも、便秘を解消することも大切です。

 

基礎代謝の低下

基礎代謝の低下は、人間の体を維持するために使用しているエネルギーの消費が落ちている状態です。
わかり易い例なら、寒がりになった、冷え性になったという人は基礎代謝が低い状態になります。

 

心臓が脈を打つ、体温を一定に保つといった意識をしなくても消費されるエネルギーが基礎代謝です。
基礎代謝は運動しなくても消費されるエネルギーなので高い方が痩せやすくなります。

 

加えて、基礎代謝が高い人ほど、運動をしても体があたたまるスピードも早いため、脂肪燃焼効果が高いのです。
老化によって基礎代謝は10代の思春期を中心に低下しますが、
運動の習慣改善することで劣化のスピードを遅くする、昔の状態に戻すことも出来ます。

 

美容のためにしっかり寝ましょう

 

ダイエットで肌荒れを防ぎつつ、綺麗になるにはまずは睡眠不足を解消することが重要です。
しっかり睡眠を取るメリットは3つあります。

 

  1. ホルモンバランスを整える
  2. 体力を補い、間食を減る
  3. ストレス耐性を増やす

睡眠をしっかり取ることで整えられるのが、女性のホルモンバランスや体内時計が改善します。
人間の臓器の活動や脳の機能、ホルモンの分泌のタイミングは体内時計によって制御されています。
それを本来のタイミングに戻すだけでも、美容には効果的です。
肌や筋肉を作る成長ホルモンは、睡眠後2時間に分泌され、眠りが浅いと十分量分泌されません。

 

人間の筋肉の疲労が残っていると、日常の活動後トレーニングをしようと思っても回復が遅くなります。
そのため、継続した運動の習慣を作ることが大変です。
また、睡眠不足だと間食によってエネルギーを得ようとします。
そのため、十分な睡眠は間食を減らす上でも効果的です。

 

睡眠不足の解消は、メンタル面でも大きなメリットがあります。
ダイエットというのは、基本ストレスがかかっている状態です。
綺麗になりたいために、目の前のやりたいと思うことを我慢する必要があります。
こうした、イライラも睡眠をしっかり取っていると切り替えることが出来ます。

 

夜勤等で不規則な生活になる人は、仮眠等を入れて、まずは日中眠いという状態を無くすことが大切です。

 

ダイエット中でも積極的に摂取したい栄養成分

 

ダイエットをする上で重要なのは、食習慣を改善することです。

その中で、意識的に摂取をすることで結果を早く出すことができるビタミンがあります。
運動の習慣を作ると、普段の生活よりも消費が激しいものや、
痩せやすい体質を作ってくれるビタミンを摂ることは非常におすすめです。

 

たんぱく質

たんぱく質は、肉や魚といった主食から摂取することが出来ます。
注意点は、肉類の脂質が多い部位はなるべく避けることが重要です。
もし、霜降りと言ったジューシーな部位が食べたい場合は、
チートデイや調理法を茹でる・蒸すといったカロリーを減らす調理法を選択することが大切です。

 

魚に含まれているDHAやEPAは、血行を良くし代謝を良くするため、積極的に摂取しましょう。
特に鮭には、アスタキサンチンといった抗酸化物質も豊富なので肌のシミ予防対策にもなります。

 

たんぱく質で外せないのが豆類のたんぱく質です。
特に大豆はイソフラボンや食物繊維も含まれておりホルモンバランスを整え、便秘の解消にも役立ちます。

 

日常の食事で、たんぱく質が不足していると感じているなら、プロテインを取り入れましょう。
ダイエットには、筋肉を作るためのたんぱく質は不可欠で、
不足をするといくら鍛えても脂肪燃焼を助ける筋肉を作ることは出来ません。
日本人は一日女性で50gのたんぱく質が必要と言われています。
脂質摂取を適正量に保ちつつたんぱく質を摂るには、うまくプロテインを活用して、カバーすることが大切です。

 

ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンC

ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンCはダイエットのための運動の効果をあげるには積極的に摂取すべきビタミンです。

 

ビタミンB1は、糖質の代謝に関わっています。
糖質ダイエットという言葉が一時期流行りましたが、
ビタミンB1が不足すると体内に入った糖質が十分に代謝されず、
脂肪として蓄えられてしまいます。
ダイエット中は脂質が少ない豚肉や雑穀米、ライ麦等からの摂取がおすすめです。

 

ビタミンB2は、脂質の代謝を助ける働きを持ち、
食べた脂肪酸の燃焼はもちろん体に蓄えられている脂肪燃焼に関わります。
鮭や卵、海藻から摂取すると脂質を無理せず減らしつつ摂取が出来ます。

 

ビタミンCは、体内での疲労に関わる物質の分解はもちろん、肌のコラーゲンの生成に関わるビタミンです。
普段果物を食べていても、ダイエットをすると疲労解消に多く使われてしまうので、
普段よりも多く摂取することがおすすめです。
間食に果物を取り入れ、フレッシュな野菜を食べるようにしましょう。

 

ミネラル(鉄分・亜鉛)

鉄分が不足すると、貧血になりやすくなり運動してもすぐに疲労を感じやすくなります。
そのため、長時間の有酸素運動の習慣を作りにくくなってしまいます。
女性の場合は月経があるため、男性よりも貧血になりやすいため、普段から鉄分は多く摂取することが大切です。
こんにゃくに多く含まれており、満腹感もあるため、和食等で摂り入れたい食材です。

 

亜鉛は、体内に入ったアミノ酸から、たんぱく質を作るために必要なミネラルです。
人間の筋肉を作る上で亜鉛は不可欠なミネラルで、
食べ物として消化されたアミノ酸が筋肉として定着しないのは亜鉛不足が原因のケースもあります。
のりや大豆、しらす干しは手軽に亜鉛不足を補えます。

 

食物繊維

食物繊維は、不水溶性食物繊維と水溶性食物繊維の2種類ありますが、バランス良く両方摂ることがおすすめです。
不水溶性食物繊維は根菜に含まれている、食物繊維で腸の蠕動運動を助ける働きを持っています。

 

海藻に含まれている水溶性食物繊維は、腸内に住んでいる善玉菌の餌になります。

両方摂取することで、腸の筋肉の運動を助けて、善玉菌が優位の腸内環境を作るのでバランス良く摂ることがポイントです。

 

あなたは沼をご存じですか?

ほとんどの栄養素が完璧にとれる、最強の減量食です。

綺麗に痩せたいならこちらも確認してみてくださいね。

 

無理なダイエットは美容にも身体にも悪影響です!

 

無理なダイエットをすると、美容にはもちろん体に対しても大きな負担がかかります。
特に、肌に対してダメージがあると顔だけではなく、頭皮環境も悪化し、
切れ毛やごわつきだけではなく、抜け毛の原因にもなります。

 

ダイエットのために、キツイ運動をする、思い切った食事制限をすべきではありません。
睡眠や不足している栄養を補い土台を作ることが、キレイに痩せる第一歩なのです。

一覧へ

症状別で探す